【2024年】DAZN(ダゾーン)を契約して分かったメリット・デメリットや本当の評判

dazn

DAZN(ダゾーン)は、あらゆるスポーツ中継をストリーミング配信で楽しめます。

2016年サービス開始と歴史は浅いのですが、コンテンツ充実度が半端ではありません。

私も最初は半信半疑で無料トライアルから契約。ですが、いつでも好きなスポーツ中継が見られる快適さから(見逃し配信やハイライトもある)今や手放せない存在になりました。

そんなDAZNを、今回は契約者の視点から詳しく解説。メリットだけでなく、デメリットについても考察していきます。

ユーザーの評判や基本情報のまとめ、無料トライアルの登録方法などもまとめているので、ぜひ参考にして下さいね。

DAZNに申し込む

目次

実際に契約して分かった!DAZN(ダゾーン)のメリット

DAZNを実際に契約してみて、以下のメリットを強く感じました。

[box class=”box29″ title=”メリット”]

  • Jリーグやプロ野球(巨人戦含む)を存分に楽しめる
  • F1、Bリーグ、テニスなどあらゆるスポーツ中継が充実している
  • 見逃し配信で好きな時間に視聴できる
  • ハイライト視聴で時間が無くてもサクッと確認できる
  • 即解約しても無料期間をフルで楽しめる

[/box]

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①Jリーグやプロ野球(巨人戦含む)を存分に楽しめる

何といっても、メジャースポーツのサッカーや野球が充実しているのがDAZNの圧倒的な強みです。

地上波でほとんど放送のないJリーグを楽しめますし、プロ野球も多くの試合を楽しめます。

daznのコンテンツ

海外サッカーの充実度も高く、リーグ戦はもちろんチャンピオンズリーグの独占配信もあります。

野球はMLBの放送あり。日本・海外のスター選手をいつでも楽しめます。

②F1、Bリーグ、テニスなどあらゆるスポーツ中継が充実している

DAZNの強みは、あらゆるスポーツを楽しめることです。

[box class=”box26″ title=”DAZNで見られるスポーツ”]

  • サッカー(海外・国内)
  • 野球(MLBあり)
  • テニス
  • F1(モータースポーツ)
  • バスケットボール(Bリーグ)
  • 総合格闘技
  • NFL
  • ボクシング
  • ラグビー
  • ダーツ
  • ゴルフ
  • セーリング
  • ビリヤード
  • フィッシング
  • 卓球
  • バドミントン
  • フィッシング

[/box]

地上波では放送されないマイナーなスポーツにも対応していて、そのコンテンツ量は年間10000試合に。

球技も好きだけど格闘技も見たい・・そんな贅沢な悩みも、DAZNなら叶えてくれます。

③見逃し配信で好きな時間に視聴できる

DAZNのいいところは、見逃し配信があること。仕事が忙しく、ライブで視聴できなくても好きな時間にゆっくりとコンテンツを楽しめます。

daznの見逃し配信

私の例だと、南米で開催されたコパ・アメリカを夜にゆっくりと見ていました。ライブでは早朝だったので見逃し配信がとても助かりましたよ。

④ハイライト視聴で時間が無くてもサクッと確認できる

時間の無い方は、ハイライト視聴でサクッと結果だけ確認する視聴方法が便利です。

ハイライト配信

「プレミアリーグ 今節のベストゴール集」などのまとめ動画も充実。毎日忙しくて短時間しか視聴できない人も十分に楽しめます。

⑤即解約しても無料期間をフルで楽しめる

日本の動画配信サービスは、ほぼすべて無料期間内に解約手続きをすると、その日からコンテンツを視聴できなくなります。

しかし、DAZNは外資系企業らしく無料期間中に解約しても、残りの期間はタダで視聴可能です。

極端な例だと、無料登録後に即解約しても1ヶ月無料で好きなコンテンツを楽しめます。

>>DAZNに無料登録する手順へ(記事内ジャンプ)

解約(退会)が難しい罠も無い

契約は簡単だけど、解約がものすごく複雑・・。そんな動画配信サービスが実は多いのですが、DAZNは解約も超簡単です。

マイアカウントから「退会する」を選べば、即解約できます。

daznの解約5

また、DAZNでは解約ではなく一定期間契約を休止する一時停止機能もあります。

見たいスポーツがシーズンオフのときは一時停止にしておき、シーズンが始まってから再開するといった使い方が可能です(もちろん一時停止中は料金の発生なし)。

[kanren id=”18666″]

DAZNに申し込む

ここが惜しい!DAZN(ダゾーン)のデメリット

DAZNはメリットだけでなく、以下のデメリットがあります。

[box class=”box27″ title=”デメリット”]

  • プロ野球がなかなか12球団揃わない
  • HDDに録画することはできない
  • 2.0Mbps以下の通信環境だとカクカクする

[/box]

こちらも詳しく見ていきましょう。

①プロ野球がなかなか12球団揃わない

プロ野球中継のサービスが始まった当初(2018年)、巨人だけが参加せず11球団だけの放送でした。

しかし、2019年から巨人が参加を表明(全試合中継あり)。これでようやく12球団揃うかと思いきや、今度は広島カープとヤクルトスワローズが不参加に・・。

[memo title=”MEMO”]主催試合でなければ、広島カープ・ヤクルトスワローズともに試合を見られる[/memo]

放送権の関係なので、DAZN側と球団側の折り合いが上手くいかないと全球団の中継は実現しません。一番堅いと思われた巨人の放送権を取得できたのに、残念です。

ただ、今後もずっと全球団の放送が実現しないわけではありません。おそらく、どこかのタイミングで視聴できるようになると思われます。

現状、プロ野球を全試合視聴するなら、少し料金が高いのですが「スカパー」のプロ野球セット がベストな選択でしょう。

②HDDに録画することはできない

DAZNはHDD(ハードディスク)にコンテンツを保存することができません。ローカルはもちろん、クラウド上の保存機能も一切なし。

HDD以外の外部メディアもすべてデータを移すことは不可能です。 どうしても録画したいなら「ひかりTV」など別の動画配信サービスを使う他ありません。

オフライン再生ができるダウンロード機能は試験的にスタート

DAZNを視聴していると、かなりのデータ容量を消費します。スマホで見ると、すぐに速度制限に引っかかります。

そこで利用したいのがオフライン再生できるダウンロード機能です。

daznでオフライン再生

現状、iOSアプリのみ提供で、ダウンロード非対応のコンテンツもあるため、まだ試験的にスタートしたばかり。

ですが、いずれ充実していくと思うので、データ消費が気になる方は、ぜひ使いこなしたい機能です。

③2.0Mbps以下の通信環境だとカクカクする

DAZNは通信環境によって画質が大きく左右されます。気をつけたいのが、2Mbpsを切る場合。

通常、大手キャリアの通信速度は40Mbps程度。光回線やWi-Fiルーターを契約している方も問題ないでしょう。

ただし、格安SIMか無料Wi-Fiを使う場合は要注意。格安SIMは、ほとんどがお昼に1Mbpsくらいまで速度低下します。

街中で使える無料Wi-Fiも、状況によって1Mbpsを切るケースが多々あります。

この状態(2.0Mbps以下)でDAZNを再生すると、画質が荒くなるばかりかカクカクします。 普段の通信環境が悪い方は注意が必要です。

光回線でも、最初の15秒くらいは画質が安定しない

ちなみに、高速の光回線などを使用している場合でも、DAZNを立ち上げた直後は画質が安定しない傾向にあります。

DAZNのPS4画質

最初の15秒は画質が安定しない

これは、ネットの速度ではなくDAZN側の読み込み速度が関係していると思われます。

大体、15秒を過ぎれば画質は回復。フルHDの鮮明な画質に切り替わりますよ。

DAZNに申し込む

DAZN(ダゾーン)の評判・口コミを調査

ここでは、SNS(Twitter)にてDAZNユーザーの生の口コミを調査してみました。

やはり、スポーツ好きにはDAZNがマストアイテムになっているようですね。番組内容だけでなく、契約・解約が簡単な点を評価する人も。

現地で試合を見つつ、DAZNで復習する人も結構いるみたいです。

その他、DAZNオリジナル番組が面白いとの意見も。

悪い意見としては、画質(途中で止まる)に対する意見と、プロ野球が全試合見られない意見が目立ちました。

画質に関しては、通信環境の改善で対応できます。プロ野球については、放送権ライセンスの問題です。全試合中継してほしいものですね。

全体的にDAZNに対する悪い意見は少数でした。無料期間があるため、「気に入らなければ見なければいい」と割り切れる点が、悪評を少なくしているのだと思います。

DAZN(ダゾーン)の月額料金&基本情報

月額料金は3,700円(別途課金は一切なし)

DAZNの月額料金は3,700円です。PPVなど、別途課金コンテンツはありません。 料金内ですべての作品を視聴できます。

なお、課金タイミングは無料期間(フリートライアル)終了日の翌日からです。

[note title=”TOPIC”]月額990円のDAZN GLOBAL(視聴コンテンツが限られる)のプランもある[/note]

ドコモユーザー向けのDAZN for docomoも同料金

ドコモユーザーの方は、以前は安くDAZNを楽しめたのですが、現在はDAZN for docomoも同額の3,700円です。Leminoも同時に契約するならセット割(220円お得)が適用可能です。

DAZN for docomoは、通常のDAZNと番組内容はまったく同じとなります。

[kanren id=”26166″]

スカパーやWOWOWよりは高い

以前は、他の類似サービスと比べて圧倒的に安かったのですが、現在はDAZNが最も高くなっています。

しかしながら、DAZNは他の3社と比べて専用チューナーが要らないので、余計な出費がかかりません。また、DAZN専用のコンテンツが豊富です。

DAZNはスポーツに特化している点が他と異なりますが、逆にいえばスポーツだけ見たい人には一番おすすめのサービスです。

他の動画配信サービス

サービス名 月額料金
DAZN 3,700円
スカパー 2,970円
WOWOW 2,530円
ひかりTV 2,750円

支払い方法は複数あり(クレジットカードなしでもOK)

DAZNで利用できる支払い方法は以下の通りです。

[box class=”box26″ title=”支払い方法”]

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • PayPal
  • DAZNプリペイドカード
  • DAZNチケット
  • DAZN年間視聴パス・ハーフシーズンパス
  • Apple ID(iTunesギフトカード)
  • Fire TV(Amazonギフト券可)
  • Google Play

[/box]

最初の無料登録では、クレジットカード・デビットカード・PayPalの3択となります。

クレジットカードを持っていない方は、デビットカードかPayPal(銀行口座を登録して自動引落)を利用しましょう。

スマホ・PC以外にテレビでも視聴できる

DAZNはストリーミング配信を行うので、インターネットに繋がる通信機器にて視聴できます。スマホとPCはもちろん、テレビでも視聴可能です。

[box class=”box26″ title=”テレビでDAZNを見るためのデバイス”]

  • スマートTV
  • PS3/PS4/PS4 Pro
  • Xbox One
  • Google Chromecast
  • Apple TV
  • ひかりTV
  • ドコモテレビターミナル

[/box]

上記のデバイスを持っていない場合でも、スマホ・PCからHDMIケーブルでテレビに接続して視聴する方法もあります(ミラーリング機能)。

なお、一つのアカウントで登録できるのは6デバイスまで。同時視聴は2デバイスまで可能です。

私はPS4で見ています

ちなみに、私はPS4でDAZNを見ています。PS4内でDAZNアプリをダウンロードすれば視聴可能に。

PS4でDAZNを見る3

PS4はテレビに接続しているため、もちろんDAZNもテレビで楽しんでいます。

[kanren id=”17116″]

画質はフルHD(1080p)で以前より向上している

2016年サービス開始当初、DAZNは画質が汚いことが弱点と言われ続けてきました。しかし現在は、フルHD(1080p)に対応。画質の問題はほぼ解決しています。

口コミで画質が悪いと言っているユーザーは、おそらく通信環境が悪いです。

[box class=”box18″]

画質と通信環境の関係

  • 2.0Mbps以上:標準画質
  • 3.5Mbps以上:HD画質
  • 8.0Mbps以上:HD画質(最高)

[/box]

体感だと、3Mbpsあれば十分。以下のように、クリアな画質を楽しめます。

daznの画質

基本情報まとめ

ここまでの内容を踏まえて、DAZNの基本情報を以下にまとめますね。

月額料金 3,700円
配信数 年間10000試合以上
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
PayPal
DAZNプリペイドカード
DAZNチケット
DAZN年間視聴パス・ハーフシーズンパス
Apple ID(iTunesギフトカード)
Fire TV(Amazonギフト券可)
Google Play
無料トライアル なし
年齢制限 18歳以上
同時視聴 可(2デバイスまで)
テレビ視聴
対応デバイス PC
スマホ・タブレット
スマートTV
PS3/PS4/PS4 Pro
Xbox One
Google Chromecast
Apple TV
ひかりTV
ドコモテレビターミナル
画質 HD(1080p)対応
運営会社 Perform Group
サービス開始 2016年10月

【図説】DAZN(ダゾーン)に登録する手順 ※無料トライアルは終了

DAZNの契約は、余計な入力項目が無いため(住所や電話番号の入力なし)5分程度で終わります。拍子抜けするほど簡単です。

無料トライアル期間は以前は1ヶ月ありましたが、現在は終了しています。

登録が終わり次第、すぐに全コンテンツを視聴できます。詳しい契約手順は以下の通りです。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’DAZN公式サイトにアクセス’]

>>DAZNの公式サイトはこちら

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’プランを選択する’]

すべての作品を視聴するならスタンダードを選びましょう。

[/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’アカウントを新規作成する’]

daznの登録2

以下の項目を入力してください。

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード

配信メールを拒否したい場合は、チェックを外すことができます。入力が終わったら「次のステップへ」をタップしましょう。

daznの登録3

[/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’支払い情報を入力’]

好きな支払い方法を選びましょう。クレジットカード・デビットカード・PayPalが使えます。

daznの登録4

お試し登録でDAZNチケットを使うことはできません。

[/tl]

[tl label=’STEP.5′ title=’視聴開始ボタンを押す’]

daznの登録5

支払い情報を登録したら、「視聴を開始する」のボタンを押してください。

以上で、DAZNの契約は完了です。

[/tl]

[/timeline]

契約状況は、いつでもマイアカウントから確認できます。解約時の違約金などは発生しません。

[kanren id=”16951″]

【まとめ】最高のコスパでスポーツ中継を楽しめるDAZN(ダゾーン)!契約して本当に良かった

この記事では、実際にDAZNへ入会した私がメリット・デメリットを中心に詳しくサービス内容を解説してきました。

一番のメリットは何といっても、コンテンツ量の豊富さ。圧倒的な試合数が魅力で、毎日の仕事終わりの楽しみが一つ増えました。

また、通勤中にスマホやタブレットで楽しめるのもGOOD(オフライン再生もできる)。いつでも身近にスポーツ中継がある快適さは、もう手放せません。

コンテンツ内容に対して月額3,700円は十分に安いと感じます。記事を読んでDAZNが気になった方は、お試ししてみるといいでしょう。

DAZNに申し込む

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次