ドコモ光の人気プロバイダ「OCN インターネット」と「GMOとくとくBB」を6項目で徹底比較

OCNインターネットとGMOとくとくBBを比較

「OCN インターネットとGMOとくとくBBは何が違うの?」

「どっちを選んだらいいのか分からない・・」

ドコモ光を申し込む上で悩ましいのがプロバイダ選びですよね。

ドコモ光のプロバイダは20種類以上ありますが、特に人気が高いのが公式プロバイダのOCN インターネットと高額キャッシュバックで有名なGMOとくとくBBです。

結論から言うと、どちらがおすすめできるかは状況によって変わります。この記事では、料金・速度・キャンペーンなど軸にOCN インターネットとGMOとくとくBBを徹底比較。

ドコモ光のプロバイダが決まらない人は、ぜひ参考にして下さいね。

OCN インターネット

OCN インターネット・GMOとくとくBBの利用料金を比較

まずは、OCN インターネットとGMOとくとくBBの利用料金について、

  • 月額基本料
  • 初期費用
  • 違約金
  • オプション
  • 工事費

の5項目で比較してみましょう。

参考:ドコモ光の料金(OCN インターネット・GMOとくとくBB共通)

月額料金
1ギガ 10ギガ
月額料金
(2年定期契約)
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
6,380円
最大通信速度 1Gbps 10Gbps
スマホセット割 適用可
※最大1,100円割引
工事費 キャンペーンにつき無料
※通常22,000円
初期費用 3,300円

月額基本料は同じ

OCN インターネット・GMOとくとくBB共に月額基本料は変わりません。料金プランは、1ギガ(最大1Gbps)と10ギガ(最大10Gbps)から選択しますが、どちらも同料金です。

月額基本料の比較

プラン OCN インターネット GMOとくとくBB
1ギガ 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
10ギガ 6,380円

※初月料金は日割り請求

ドコモ光は20種類以上のプロバイダが存在しており、タイプA/B/Cによって料金が少し異なります。OCN インターネットとGMOとくとくBBは共にタイプAに属しており料金は同じです。

ちなみに、タイプAはタイプB・Cより安いため、最もお得なプロバイダ分類となっています。

初期費用は同じ

ドコモ光の契約時は、OCN インターネット・GMOとくとくBB共に初期費用が発生します。金額はどちらも同じです。

初期費用(契約事務手数料)

  • OCN インターネット:3,300円
  • GMOとくとくBB:3,300円

ちなみに、他のプロバイダもすべて初期費用の金額は統一されています。初期費用はドコモ光に限らず、ほとんどの光回線サービスで支払いが必須です。

違約金は同じ

OCN インターネット・GMOとくとくBB共に契約期間は2年です。2年後に自動更新されますが、更新月以外に解約すると違約金が発生します。

違約金の金額はどちらも変わりません。

違約金の比較

OCN インターネット GMOとくとくBB
1ギガを解約 戸建て:5,500円
マンション:4,180円
10ギガを解約 5,500円
契約期間 2年(自動更新)

更新月に解約した場合は、違約金はかかりません。

独自オプションはOCN インターネットが充実

ドコモ光電話やドコモ光テレビなどドコモが提供するオプションの他に、プロバイダ独自のオプションがあります。

OCN インターネットとGMOとくとくBBを比較すると、OCN インターネットの方がオプションの充実度が高いです。

オプション比較

OCN インターネット

  • OCNプレミアムサポート:月額660円
  • ウイルスバスター クラウド 月額版:月額627円 ※1年無料
  • マイポケット:月額330円
  • メールウイルスチェック:月額220円
  • 迷惑メールブロックサービス:月額220円
  • OCN開通とことんサポート:訪問料5,500円/回~ ※初回無料

 

GMOとくとくBB

  • 訪問サポート:訪問料6,600円/回~ ※初回無料
  • マカフィーマルチアクセス:月額550円 ※1年無料

有料サポートを受けたい人や迷惑メール関連のオプションを利用したい人は、OCN インターネットを選んだ方が安心できるでしょう。

工事費はどちらも無料

工事費は、OCN インターネット・GMOとくとくBB共に22,000円かかります。しかし現在は、ドコモ提供の公式特典により工事費は無料です。

一般的な光回線では、工事費と同額の割引を分割で受けることによる実質無料ですが、ドコモ光の工事費は残債が残らない完全無料となっています。

スマホセット割はどちらも対応

ドコモまたは格安プランのirumoでスマホを利用中の人は、スマホセット割を適用できます。割引額は、OCN インターネット・GMOとくとくBB共に変わりません。

スマホセット割

料金プラン 割引額
(1人あたり)
eximo 1,100円
irumo 3GB以上 1,100円
0.5GB 割引なし
5Gギガホ プレミア/5G ギガホ 1,100円
ギガホ プレミア/ギガホ 1,100円
5Gギガライト/ギガライト 5GB以上 1,100円
~3GB 550円
~1GB 割引なし

多くのプランで、毎月1,100円の割引を受けられます。

GMOとくとくBB 公式サイトへ 

OCN インターネット・GMOとくとくBBの対応エリアを比較

OCN インターネットとGMOとくとくBBに対応エリアの違いがあるのか見ていきましょう。

1ギガ・10ギガともにエリアは同じ

OCN インターネットとGMOとくとくBBの対応エリアはどちらも変わりません。

ドコモ光はフレッツ光回線を使用する全国対応のサービスとなっており、プロバイダによってエリアが変わることはないため安心して下さい。

10ギガの対応エリアもOCN インターネット・GMOとくとくBB共に同じですが、注意点として10ギガは提供地域が限られます。

詳しくはNTT(東日本/西日本)でご自身のエリアを検索してみましょう。

OCN インターネット・GMOとくとくBBの速度を比較

インターネットを使用する上で欠かせない指標が通信速度です。ここでは、

  • ダウンロード
  • アップロード
  • Ping値
  • IPv6の対応状況

を軸に徹底比較してみます。

ダウンロードはOCN インターネットが若干速い

まず、ダウンロード(下り)の平均速度を比較してみましょう。

平均速度(1ギガプラン)の比較

OCN インターネット GMOとくとくBB
全体平均 305.97Mbps 282.69Mbps
有線接続 421.43Mbps 28.02Mbps
無線接続 228.44Mbps 217.59Mbps

※参照元:みんそく(2024年4月時点)

ご覧の通り、全体平均はOCN インターネットの方が速いです。OCN インターネットは、「Tier1」IPバックボーンという高度な通信技術をアジアで唯一使用しており、速度の優位性が高くなっています。

しかしながら、有線接続はGMOとくとくBBが若干速い結果に。GMOとくとくBBも優秀な通信品質を保っており、結果はほぼ同じと捉えてもいいでしょう。

参考:時間帯別の速度比較

OCN インターネット GMOとくとくBB
391.86Mbps 339.01Mbps
403.76Mbps 425.86Mbps
夕方 346.12Mbps 299.67Mbps
303.21Mbps 258.13Mbps
深夜 415.71Mbps 362.52Mbps

※参照元:みんそく(2024年4月時点)

アップロードはGMOとくとくBBが若干速い

次に、アップロード(上り)の速度を見ていきましょう。

平均速度(1ギガプラン)の比較

OCN インターネット GMOとくとくBB
全体平均 317.18Mbps 333.1Mbps
有線接続 436.44Mbps 475.64Mbps
無線接続 237.51Mbps 270.97Mbps

※参照元:みんそく(2024年4月時点)

アップロード速度については、GMOとくとくBBの方が若干速い結果となりました。

動画をアップロードする仕事などを行っている人は、OCN インターネットよりGMOとくとくBBを使った方が快適と感じるでしょう。

ただ、ダウンロードと同様ですが両者に大きな差はありません。計測の時期によっては、順位が入れ替わると思われます。

参考:時間帯別の速度比較

OCN インターネット GMOとくとくBB
354.03Mbps 358.59Mbps
437.62Mbps 491.95Mbps
夕方 372.1Mbps 364.57Mbps
336.42Mbps 327.32Mbps
深夜 419.73Mbps 393.06Mbps

※参照元:みんそく(2024年4月時点)

Ping値はOCN インターネットが若干有利

Ping値は、インターネット上での応答速度を意味します。速度のbpsと違い、値が低い方が優秀です。

OCN インターネットとGMOとくとくBBのPing値を比べてみましょう。

平均Ping値

  • OCN インターネット:18.01ms
  • GMOとくとくBB:19.21ms

※参照元:みんそく(2024年4月時点)

約1.2msの差ですが、Ping値はOCN インターネットの方が優秀との結果でした。

差はわずかなので大きく気にする必要はありませんが、少しでも低いPing値を求めるならOCN インターネットを選んだ方がいいかもしれません。

Ping値は、いわゆる遅延(ラグ)に関わるため、FPSや格闘系のオンラインゲームなどで重要となります。

IPv6はどちらも無料で対応

IPv4 over IPv6は、OCN インターネット・GMOとくとくBBともに無料で対応しています。

IPv6の接続サービス名は、OCN インターネットはOCNバーチャルコネクト、GMOとくとくBBがv6プラスとなっています。いずれも、IPv6通信を利用できると考えてOKです。

大容量のインターネット通信を楽しめます。

GMOとくとくBB 公式サイトへ 

OCN インターネット・GMOとくとくBBのサポートを比較

安心してインターネットを継続利用するなら、サポートは非常に重要です。OCN インターネットとGMOとくとくBBのサポートメニューを比較してみましょう。

どちらも訪問サポートがある

OCN インターネットとGMOとくとくBBは、両者ともに訪問サポートを初回無料で提供しています。

訪問サポートの内容

OCN インターネットのサポートメニュー

  • インターネット接続設定(有線)
  • 無線LANクライアント設定
  • ゲーム機器接続設定(無線)
  • 家庭用複合プリンターの印刷設定
  • 無線LANアクセスポイント設定
  • OSアカウント設定・OS初期設定
  • Microsoftアカウント申込代行
  • ウイルス対策ソフト導入設定
  • ひかりTV接続設定

 

GMOとくとくBBのサポートメニュー

  • インターネット接続設定
  • Wi-Fi設定
  • メール設定
  • ひかりTV接続設定
  • dtvインストール・接続設定

どちらも、基本的なインターネット接続設定は対応しています。光回線の開通を行えるか心配な人でも安心です。

サポートメニューの充実度はOCN インターネットの方が上と言えるでしょう。プリンター・ゲーム機・OSなどの設定も行ってくれます。

遠隔サポートはOCN インターネットのみ

主に電話を使った遠隔サポートは、OCN インターネットのみ利用できます。オプション料金は月額660円で、サービス名はOCNプレミアムサポートです。

こちらのオプションは、PCに限らずスマホやタブレットなど様々な通信機器の不明点を台数無制限で解決してくれます。年中無休(9時から21時まで)で通話料はかかりません。

専用アプリを使って遠隔操作も行ってくれるため、心強いオプションです。

OCN インターネット・GMOとくとくBBのルーターレンタルを比較

Wi-Fi通信を利用する際は、ルーターが必須となります。

基本的にルーターは自分で用意する必要がありますが、プロバイダ特典によりOCN インターネットとGMOとくとくBBは無料レンタルが可能です。詳しく見ていきましょう。

どちらも無料で一定期間を超えると返却不要

OCN インターネットとGMOとくとくBBは、それぞれ無料でWi-Fiルーターをレンタルできます。

Wi-Fiルーターの無料提供

OCN インターネット GMOとくとくBB
レンタル料 0円
返却不要となる期間 13か月以上 37カ月以上

※1ギガプランの場合

ルーターの性能はどちらも最新のWi-Fi規格やIPv6に対応しており高性能です。OCN インターネットは1年、GMOとくとくBBは3年を超えると返却不要となります。

10ギガは契約期間によってお得度が変わる

10ギガプランの場合は、10Gbps対応ルーターが必要です。無料レンタルは両者とも行っておらず、OCN インターネットは格安価格で販売、GMOとくとくBBは有料でレンタルを利用できます。

10Gbps対応ルーターの提供

  • OCN インターネット:8,980円(通常価格32,000円)で購入可
  • GMOとくとくBB:月額309円でレンタル可

どちらがお得かは契約期間によって変わるため何とも言えません。

ドコモ光を約2年半以上利用するならOCN インターネットがお得で、それ以下の契約期間ならGMOとくとくBBの方がお得です。

開通前のモバイルWi-FiレンタルはGMOとくとくBBのみ

GMOとくとくBBでは、モバイルWi-Fiの無料レンタル(最大3カ月)を行っています。このサービスは、工事が完了するまでネットが使えない状況を回避するためのものです。

開通までレンタルWi-Fiでやり過ごそうと考えていた人は、モバイルWi-Fiを借りてネット環境を無料で整えることができます。

なお、OCN インターネットにはモバイルWi-Fiのレンタルサービスはありません。

GMOとくとくBB 公式サイトへ 

OCN インターネット・GMOとくとくBBのキャンペーン(キャッシュバック)を比較

申し込みを決める大きな動機となるのがキャンペーンですよね。ここでは、キャッシュバック額に着目して、どちらのキャンペーンがお得なのか徹底比較していきます。

キャッシュバックのお得度は契約内容で変わる

OCN インターネット・GMOとくとくBB共にキャンペーンの目玉は高額キャッシュバックです。2024年5月時点の、キャッシュバック額を比較してみましょう。

キャッシュバック額の比較

料金プラン キャッシュバック額
OCN インターネット GMOとくとくBB
1ギガ 37,000円
(転用32,000円)
38,000円
10ギガ 55,000円
(事業者変更42,000円)
(転用37,000円)
51,000円
POINT
GMOとくとくBBは他社から乗り換えで15,000円増額

キャッシュバック額は、OCN インターネットが最大55,000円に対してGMOとくとくBBは最大51,000円です。

しかし、GMOとくとくBBは他社から乗り換えで15,000円増額されるため、乗り換えの人はOCN インターネットよりお得となります。

多くの人が利用するであろう1ギガの新規契約は、両者ともにほとんど差がありません。

キャッシュバックの受け取りやすさは同じ

キャッシュバックの受け取りは、OCN インターネット・GMOとくとくBB共に開通から4か月後が目安です。どちらも無料提供されるプロバイダのメールアドレス宛に案内が届きます。

光回線のキャッシュバックは長いケースで2年待つこともあるため、4か月で受け取れるのは非常にスピーディーと言えるでしょう。

OCN インターネットとGMOとくとくBBはどちらがおすすめ?

結論をまとめると、OCN インターネットとGMOとくとくBBはそれぞれおすすめな人が異なります。どちらに申し込むか迷っている人は以下を参考にして下さい。

OCN インターネットがおすすめな人

OCN インターネットは、以下に当てはまる人におすすめです。

  • ドコモ提供の公式プロバイダを使いたい
  • 少しでもダウンロード速度にこだわりたい
  • 手厚いサポートを受けたい

まず、OCN インターネットはドコモが提供する公式プロバイダなので安心感があります。OCNは光回線やプロバイダ事業の実績も豊富で、通信事業者としての信頼度も高いです。

速度については、ダウンロードが若干GMOとくとくBBより有利となっています。Ping値もわずかですが低いので、オンラインゲーマーの人にもおすすめです。

その他、サポート面についてはGMOとくとくBBを上回っているため、安心を重視するならOCN インターネットを選ぶべきでしょう。

GMOとくとくBBがおすすめな人

GMOとくとくBBは、以下に当てはまる人におすすめです。

  • 他社から乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい
  • 少しでもアップロード速度にこだわりたい
  • 開通前にモバイルWi-Fiを無料レンタルしたい

まずキャッシュバックについて他社から乗り換える人はGMOとくとくBBの方がお得です。GMOとくとくBBは、他社から乗り換える人に向けてキャッシュバック額が上乗せされるからです。

ただし、新規契約時の最大キャッシュバック額はOCN インターネットが上なので注意しておきましょう。

その他、OCN インターネットにはないモバイルWi-Fiの無料レンタルサービスを使いたい人もGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBB 公式サイトへ 

まとめ

この記事では、ドコモ光の人気プロバイダであるOCN インターネットとGMOとくとくBBを徹底比較してみました。両者で共通点は多いものの、細かく見るとそれぞれ特徴が分かれます。

OCN インターネットは速度やサポート面で有利です。GMOとくとくBBは他社から乗り換えの場合のキャッシュバックがお得となっています。

どちらか迷うのであれば、ドコモ公式プロバイダであるOCN インターネットの方が無難でしょう。

ただ、GMOとくとくBBも非常に優秀なプロバイダなので候補に入れることをおすすめします。