Wi-Fiが遅い原因とは?対処法まで詳しく解説

Wi-Fiが遅いときの対処法

「Wi-Fiが遅いけど、どうして・・?」

Wi-Fiを利用するとき、動画がなかなか再生されなかったりWEBページの表示が遅れたりとりストレスに感じることが多いですよね。

Wi-Fiが遅い原因は様々です。必ず何らかの原因はあるので、何が問題になっているのか突き止めることが大切です。

そこで今回は、Wi-Fiが遅くなってしまう原因はもちろん対処法についても徹底解説していきます。ぜひ、ご参考に。

 

2024年2月のポケットWiFiの総合比較が気になる人は、以下の記事をご参考に。 どこが一番いい?ポケット型WiFiのおすすめランキング!厳選10社を徹底比較【2024年版】

今月の一番お得なキャンペーン!
GMOとくとくBB WiMAXで高額キャッシュバック

 

 

WiMAXの正規プロバイダ「GMOとくとくBB」にて、最大40,000円のキャッシュバックを受け取れます。

2024年2月現在のキャッシュバック金額

  • すべての人が対象:25,000円
  • 他社から乗り換える人:最大41,000円

現在の他のネット回線(光回線やホームルーターを含む)を利用中の人は、キャッシュバックで乗り換え費用を完全にカバーできます。

他社から乗り換えでない人も、全員に高額キャッシュバックを受け取れます。GMOとくとくBBは、現時点で、WiMAXを最安で契約できるプロバイダです。

 

Wi-Fiが遅いのはなぜ?原因として考えられること

Wi-Fiの通信速度が遅い原因は、さまざまなことが考えられます。よくある原因は以下の通りです。

  • 混雑する時間帯に使用している
  • 通信障害が発生している
  • 電波干渉が起こっている
  • Wi-Fiルーターの近くに障害物がある
  • Wi-Fiルーターが古すぎる
  • Wi-Fiルーターが故障している
  • 同時接続中の端末が多すぎる
  • セキュリティソフトで重くなっている

混雑する時間帯に使用している

Wi-Fiは、時間帯によって高速になったり低速になったりします。何も原因が思い当たらないのに遅くなったときは、回線混雑に問題があると考えられます。

特に回線が混みやすいのは、

  • お昼(12時~13時くらい)
  • 夜(18時~23時くらい)
  • 休日

の時間帯です。この時間帯は、多くの人がインターネットを使います。

通信障害が発生している

いきなりWi-Fiが遅くなったり、まったく繋がらなくなったときは、通信障害を疑った方がいいでしょう。頻繁に起こることではありませんが、実際に障害が発生することはあります。

通信障害が発生すると、回線サービスを提供している通信会社が障害の影響に関するお知らせを発表します。通信障害が疑わしいときはチェックしておきましょう。

復旧の目途についても記載されているはずです。

電波干渉が起こっている

Wi-Fiが遅い理由として、電波障害も考えられます。よくあるのが電子レンジによる干渉です。

電子レンジはWi-Fiと同じ周波数帯を使うことがあり、電波干渉によってWi-Fiが遅くなるときがあります。

もし、電子レンジをはじめ家電製品の使用中にWi-Fiの接続が遅くなるときは、電波の干渉によって繋がりにくくなっていることが予測されます。

Wi-Fiルーターの近くに障害物がある

Wi-Fiルーターの近くに障害物があると電波の妨げになり速度が遅くなることがあります。使用中の端末とWi-Fiルーターの間に大きな家具や家電が置かれている場合は要注意です。

また、Wi-Fiルーターから大幅に距離が離れているときも速度が遅くなりやすい原因です。

メッシュWi-Fiを使って建物全体に電波が届くのなら別ですが、そうでない場合は構造上の問題で電波を拾いづらくなってしまう可能性があります。

Wi-Fiルーターが古すぎる

こちらは、Wi-Fiの回線に問題が無くても端末の性能が追い付いていないパターンです。Wi-Fiルーターが古すぎてスペックが低いと、動画・ゲーム・WEBページなどの読み込みが遅れます。

最新の通信規格「11ax」は、古いWi-Fiルーターは対応していません。

最新規格なので必ずしも対応している必要はありませんが、少なくとも一つ前の規格である「11ac」には対応しておきたいところ。古い規格のままだと十分な速度が出ない可能性があります。

Wi-Fiルーターが故障している

Wi-Fiルーターには寿命があるため、長く使っていれば当然劣化します。完全に使えなくなるのではなく、部分的に不具合が発生して通信が遅くなるケースも珍しくありません。

Wi-Fiルーターは他の電化製品に比べると、電源を入れっぱなしにする時間が長いです。そのため、熱を帯びやすく故障を誘発するときがあります。

その他、水に濡れたり落としたりして外的なダメージにより故障するケースもあります。

同時接続中の端末が多すぎる

高性能なWi-Fiルーターでも、最大同時接続台数には限りがあります。スマホ、パソコン、テレビ、ゲーム機など最大同時接続台数ギリギリまで使用していると、速度が遅くなりやすいです。

また、複数端末で動画再生やオンラインゲームなど大容量データ通信を行っていたらなおさら遅くなります。

家族全員で同じWi-Fiルーターをシェアしているときは、この問題が起こりやすいです。

セキュリティソフトで重くなっている

稀にセキュリティソフトの設定で速度が遅くなることもあります。

セキュリティソフトは、ネットに接続する際に不正アクセスがないかスキャンする機能があり、この動作で通信が重くなってしまうことがあるのです。

Wi-Fiが遅いときの対処法

Wi-Fiが遅いときの対処法としては、以下の対策が有効です。

  • Wi-Fiルーターや接続中の端末を再起動する
  • Wi-Fiルーターの配置を変更する
  • Wi-Fiルーターの中継機を用意する
  • 同時接続中の端末数を減らす
  • 周波数帯を変更する
  • Wi-Fiルーターを買い替える

Wi-Fiルーターや接続中の端末を再起動する

最初に試しておきたいのが、Wi-Fiルーターや接続中の端末を再起動することです。

接続が不安定なときは、一時的な不具合が原因となっていることが多く、その場合は再起動で改善されます。念のため、コンセントも抜き差ししておくとベターです。

Wi-Fiルーターと端末のどちらに不具合があるのか判別できないときは、ひとまず両方を再起動してみましょう。

特に熱がこもっているときは、すぐに再起動せずしばらく電源を切った状態で15分くらい放置するのが望ましいです。

時間を置くことで、こもっていた熱が放出されて、不具合が解消されやすくなります。

Wi-Fiルーターの配置を変更する

ルーター付近に障害物が多いときは、そのせいでWi-Fiが遅くなっていると考えられます。対処法としては、シンプルに配置を変更するだけです。

家具や家電でごちゃごちゃしている場所にはWi-Fiルーターを置かないようにしましょう。整理整頓されている電波を拾いやすい場所に配置して下さい。

Wi-Fiルーターの中継機を用意する

広い一軒家などは、1階と2階で回線の安定度が変わる現象は頻繁に起こります。対処法としては、中継機を各階に用意すれば接続状況が安定します。

Wi-Fiの中継機は、広い室内で通信を安定させるために役立ちます。部屋の配置的に、端末とWi-Fiルーターの距離が離れすぎている場所に導入してみてください。

予算に余裕があるなら、メッシュWi-Fiに対応した中継器を使うと、広範囲でもより通信が安定化します。

同時接続中の端末数を減らす

同時接続している端末数が多いと、高速通信のWi-Fi回線でも速度が不安定になりやすいです。

そのため、複数の端末をネット接続中にWi-Fiが遅いと感じたら、できるだけ同時接続中の端末数を減らしましょう。使用していない端末は、Wi-Fi接続をオフにしておけばOK。

目安としては、最大同時接続台数の半分まで(最大30台なら15台まで)に留めておくのがおすすめです。

周波数帯を変更する

一般的には2.4Ghzが頻繁に使用されますが、この周波数帯は他の通信機器でもよく使われます。

そのため、電波干渉を起こさないためにもWi-Fiルーターの設定を変更して、5Ghzを試してみましょう。5Ghzに変更することで、速度が遅い状況が改善される可能性があります。

Wi-Fiルーターを買い替える

新しい通信規格に対応していないWi-Fiルーターは、回線自体が良質でも高速通信ができない可能性があります。

せっかく高速通信で契約しても、ルーター側が最新規格に対応していないのでは意味がありません。最低でも11ac以上、できれば11ax(Wi-Fi6)に対応しているルーターが好ましいです。

古くからWi-Fiルーターを買い替えていないなら、購入を検討しましょう。

ポケットWi-Fiの導入で問題は解決できる

Wi-Fi環境の改善でチェックしておきたいのがポケットWi-Fiです。ポケットWi-Fiには、以下のメリットがあります。

メリット
  • 外出先でWi-Fi接続ができる
  • ルーターの配置や端末との距離を気にしなくていい
  • 工事が不要で接続設定が簡単
  • リーズナブルな価格で利用できる

ポケットWi-Fiなら外出先でネット環境が手に入るのはもちろん、ルーターの配置や端末との距離を気にする必要がありません。障害物で通信が遅くなるリスクを極限まで抑えられます。

また、ポケットWi-Fiなら工事不要で導入可能です。簡単な設定をするだけでネット接続できるのは大きなメリットです。

その他、比較的リーズナブルな価格でWi-Fi環境を導入できるのも魅力的です。

ポケットWi-Fiを選ぶときのポイント

通信速度

Wi-Fiが遅いと困らないために、高速通信が可能なポケットWi-Fiサービスを選ぶことが大切です。

特に動画をたくさん視聴する人やビデオ会議で使いたい人は、通信の速さが欠かせません。オンラインゲームも楽しみたいなら、5G通信対応のサービスを選ぶといいですよ。

データ通信量

ポケットWi-Fiを選ぶ上で、毎月のデータ通信量は重要です。スマホと同じで、ひと月あたり何GBまで通信したいか決めておきましょう。

ゲーム、動画視聴、音楽再生など大容量のデータ通信を頻繁に行うなら、少ないデータ通信量だとすぐ速度制限にかかってしまいます。

大容量のデータ通信を毎日使う人は、毎月100GB以上かデータ無制限のプランがおすすめです。

月額料金

ポケットWi-Fiは毎月支払うコストなので、月額料金がいくらになるのかが重要ポイントです。ポケットWi-Fiのプランは、大容量になるほど料金が高くなります。

賢く選ぶコツとしては、表面的なプラン価格ではなく割引を考慮した実質月額に着目することです。

ポケットWi-Fiはキャンペーンやキャッシュバックの特典で、元々の利用料金より大幅に安くなることがあります。Wi-Fiルーターの端末代金も含めた実質的な支払額を考慮して選びましょう。

Wi-Fiが遅いときに検討したいおすすめポケットWi-Fi5選

Wi-Fiが遅いときに検討したい、おすすめのポケットWi-Fiサービスは以下の通りです。

おすすめ

  • Broad WiMAX
  • BIGOBE WiMAX
  • MUGEN WiFi
  • UQ WiMAX
  • THE WiFi

最もおすすめできるのはデータ無制限かつ高速のWiMAXです。3日15GBまでの制限は付きますが、動画視聴は約13時間、音楽ストリーミングは約72時間まで利用できます。

Broad WiMAX

Broad-WiMAX

月額料金
(ギガ放題プラスDX 3年プラン)
・2ヶ月目まで:2,090円
・3ヶ月目以降:3,894円
・37ヶ月目以降:4,708円
速度 ・下り最大2.7Gbps
・上り最大75Mbps
初期費用 20,743円
キャンペーン 【初期費用0円のWEB割キャンペーン】
Webフォームから「月額最安プラン」を「クレジットカード」払いで申し込み、指定オプションサービスに初回加入した場合、初期費用20,743円を割引

ポケットWi-Fiサービスの中でトップクラスの知名度とサービス品質を誇るBroad WiMAX。WiMAXの契約回線数は累計2,000万以上にも及びます。

初めてのポケットWi-Fiだから信頼できる会社が良い・・という人にぴったりです。

Broad WiMAXはWiMAXプロバイダの一つであり、キャンペーンを活用すれば実質月額2,090円から契約できます。下り速度は最大2.7Gbpsで、5G通信にも対応しています。

また、サポート対応がしっかりしている点も魅力です。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXの特典バナー

月額料金
(ギガ放題プラス)
・24か月:4,378円
・25ヶ月目以降:4,928円
速度 ・下り最大2Gbps以上
・上り最大75Mbps
初期費用 申し込み手数料3,300円
キャンペーン ・データ端末の同時申し込みで10,000円キャッシュバック
・月額料金値引きで24カ月間4,378円

BIGLOBE WiMAXは、インターネットプロバイダーとして有名なビッグローブが提供しているポケットWi-Fiサービスです。5G対応のプランが月額4,378円で利用OK。

WiMAX回線なので下り2Gbps以上の高速通信が可能です。BIGLOBE WiMAXはキャンペーンがお得となっており、キャッシュバックも申請できます。

回線の品質は他のWiMAXプロバイダと変わりませんが、BIGLOBE WiMAXなら1年単位での短期契約が可能です。ポケットWi-Fiを短期で使いたい人には非常におすすめです。

MUGEN WiFi

MUGEN WiFiのサービス内容

月額料金
(アドバンスプラン)
月額4,268円
速度 ・下り最大150.0Mbps
・上り50.0Mbps
初期費用 3,300円
キャンペーン 【最大10,000円キャッシュバック】
14ヶ月目と23ヶ月目に5,000円ずつ

MUGEN WiFiは、毎月100GBの大容量プランを使えるのが魅力です。1日あたりの通信制限がないため、データ消費量を気にせず使えるのが特徴的です。

動画再生など大容量通信をたくさん使いたい人にとっては重宝できます。

多くのポケットWi-Fiサービスで必要となる端末代もMUGEN WiFiならかかりません。そのため、支払いが月額基本料金だけとなりシンプルでわかりやすいのがメリットです。

さらに今なら、全額返金保証付きで30日間のお試しが可能です。ポケットWi-Fiに対して不安感が強い人には、全額返金保証の特典は非常に心強いです。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

月額料金
(ギガ放題)
・25ヶ月目まで:4,268円
・26ヶ月目以降:4,818円
速度 下り最大2Gbps以上
上り最大75Mbps
初期費用 事務手数料3,300円
キャンペーン 月額割引

テレビCMで見かけることが多いUQ WiMAXは、WiMAX本家のサービスです。信頼性が高くサポートレベルが高いことが特徴的です。

WiMAXプロバイダよりも料金は高くなりますが、UQ WiMAXの利点としては店舗サポートが受けられます。店舗にてアフターサポートはもちろん、解約時の相談も可能です。

その他、auユーザーならセット割引を受けられます。

THE WiFi

月額料金
(100GBプラン)
3,828円
速度 ・下り150Mbps
・上り50Mbps
初期費用 事務手数料3,300円
キャンペーン 4ヶ月0円キャンペーン

スマートモバイルコミュニケーションズが提供するポケットWi-Fiサービス「THE WiFi」。使い方に合わせて2つのプランを選べるのがポイントです。

一つ目は大容量向けの100GBまで使い放題プラン。現在4ヶ月0円キャンペーンを行っているため、適用した場合は24か月の実質月額が3,281円まで安くなります。

もう一つのプランは、データ消費量に合わせて料金が変わる従量課金制です。1GBまでに収まれば、利用料金は1,298円のみ。

毎月のデータ消費量にバラツキがあるならお得感があります。なお、端末代金はレンタルとなる代わりに無料となります。

まとめ

Wi-Fiが遅いときは、まず低速になっている原因を調べてみることが大事です。原因がわかれば、速度を安定化させる対策を取りましょう。

多くのケースではWi-Fiルーターや端末の再起動で解消しますが、そもそもWi-Fiルーターに問題があるなら買い替えを検討する必要があります。

ポケットWi-Fiなら利便性に優れているため、導入の価値あり。もし契約する際は、しっかりとサービス内容や料金をチェックしたうえで、自分に合ったサービス会社を選んでみて下さいね。