NURO光とドコモ光を完全比較!乗り換えるならどっちがいい?

NURO光とドコモ光を比較

「NURO光とドコモ光の違いを知りたい!どっちの方がおすすめなの・・?」

NURO光は通信速度の速さが売りの光回線です。最近では対応エリアも広がり、ますます人気が高まっています。

一方、ドコモ光は大手キャリアのドコモの光回線です。スマホとセット割が受けられるため、ドコモユーザーから人気があります。

今回はNURO光とドコモ光を4つの観点から徹底比較。最終的にどちらを選べばいいのか詳しく解説していきます。

メリット・デメリットや評判なども詳しく見ていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

\45,000円キャッシュバック貰える/
\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/
目次
公式特典の最大169,000円還元に加えて、
当サイト限定クーポン「wifisensei」入力で、
追加5,000円キャッシュバック▼
NURO光

NURO光とドコモ光の違いを徹底比較

NURO光とドコモ光は、どちらも高速インターネット回線として人気のサービスです。しかし、両者には料金プランや通信速度、提供エリアなどに違いがあります。

ここでは、NURO光とドコモ光の特徴を詳しく比較し、それぞれの違いを解説します。自分のニーズに合った光回線を選ぶ際の参考にしてください。

NURO光とドコモ光の基本情報を比較

まずは、NURO光とドコモ光の基本情報を見ていきましょう。NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する独自の光回線サービスです。一方、ドコモ光はNTTドコモがNTT東西の光回線を利用して提供している、いわゆる光コラボレーションモデルのサービスです。

NURO光とドコモ光の比較

NURO光ドコモ光
速度
(理論値)
下り:最大2Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
速度
(実測値)
568.34Mbps277.4Mbps
エリア関東、東海、関西、九州
中国、北海道の一部
全国
月額料金
(戸建て)
5,200円(3年)
5,700円(2年)
5,720円~5,940円(2年)
月額料金
(マンション)
2,090円~2,750円(3年)
2,530円~3,190円(2年)
4,180円~4,620円(2年)
初期費用3,300円3,300円
工事費44,000円
(実質無料)
22,000円
(実質無料)
違約金3,850円(3年)
3,740円(2年)
戸建て:5,500円
マンション:4,180円
スマホセット割ソフトバンクドコモ
※NURO光は2ギガ、ドコモ光は1ギガプランの料金

NURO光の最大の特徴は、独自の光ファイバー網を使用していること。これにより、他社と回線を共有せずに高速で安定した通信を提供できます。一方、ドコモ光はNTT東西の光回線を利用しているため、他の光コラボレーション事業者と回線を共有します。そのため、エリアによっては速度が不安定になる可能性があります。

また、ドコモ光の大きな強みは、ドコモのスマホとのセット割引「ドコモ光セット割」が適用できること。ドコモユーザーであれば、ドコモ光を利用することでスマホの料金を毎月最大1,100円割引できます。一方、NURO光にもソフトバンクやワイモバイルとのセット割引がありますが、割引額はドコモ光ほど大きくありません。

通信速度はNURO光が有利

NURO光とドコモ光の回線速度を比較すると、NURO光の方が圧倒的に速いことがわかります。NURO光の下り最大速度は2Gbpsで、ドコモ光の1Gbpsの2倍です。また、実測値を見ても、NURO光の平均速度は下り568.34Mbps、上り513.22Mbpsとなっており、ドコモ光の下り277.4Mbps、上り233.69Mbpsを大きく上回っています。

速度比較(理論値)

下り速度上り速度
NURO光最大2Gbps最大1Gbps
ドコモ光最大1Gbps最大1Gbps

ドコモ光も決して遅いわけではありませんが、NURO光と比べれば大きな差があるのも事実。速度を重視するならNURO光に軍配が上がります。

NURO光は、光回線全体で上位の速さをずっとキープしているため、ドコモ光に限らず他の光回線と比較しても有利です。

また、NURO光の速度は外部評価も高く、あらゆる満足度ランキングで1位を取っています。ちなみに、有線接続に限ればNURO光の実測値は900Mbpsに迫る速さです。

NURO光が高速なのは、前述の通り独自回線を使用しているからです。さらに、NURO光は通信規格にG-PONを採用しており、一般的なGE-PONよりも高速な通信が可能となっています。動画のストリーミングや大容量ファイルのダウンロードなど、速度を重視するユーザーにはNURO光がおすすめと言えるでしょう。

ただし、ドコモ光にも下り最大10Gbpsの「ドコモ光10ギガ」というプランがあります。こちらは、平均速度でも1,170Mbpsと非常に高速です。ドコモユーザーで、NURO光よりもさらに速い回線を求める人は、ドコモ光10ギガを検討してみるのもよいかもしれません。

対応エリアはドコモ光が有利

対応エリアで比較すると、ドコモ光が圧倒的に有利です。ドコモ光はNTT東西の光回線を利用しているため、北海道から沖縄まで日本全国をカバーしています。一方、NURO光の提供エリアは関東、東海、関西、九州、中国、北海道の一部に限られており、全国展開はされていません。

NURO光は提供エリア内でも、戸建てとマンションで対応状況が異なります。戸建ての場合は、ほぼすべてのエリアで利用可能ですが、マンションは「NURO光 for マンション」の設備が導入されている必要があります。自分の住んでいる地域や建物がNURO光に対応しているかは、公式サイトで確認しましょう。

ちなみに、ドコモ光はフレッツ光(NTT運営)の回線をそのまま利用する光コラボの1つです。対応エリアはフレッツ光と同じため、全国各地で申し込むことができます。

一方、NURO光が利用できる都道府県は限られます。以前よりは大幅に増えたものの、いまだに全都道府県の半分以下にとどまっています。

対応エリアが広い分、ドコモ光の方が利用しやすいです。

料金・工事費の安さはプランによって変わる

月額料金や工事費については戸建てかマンションか、またマンションの場合はプランによって有利・不利が変わります。

説明に入る前に、先に結論を挙げておきますね。

結論

  • 戸建てタイプ:NURO光の方が安い
  • マンションタイプ:多くのケースでドコモ光の方が安い

NURO光とドコモ光にはそれぞれ一長一短があります。通信速度と料金の安さを重視するならNURO光、エリアの広さとドコモスマホとのセット割引を重視するならドコモ光がおすすめです。

戸建てはNURO光が有利

まず、戸建て向けのプランを見ると、NURO光の方が月額料金は安くなっています。NURO光の戸建てプランは、3年契約で月額5,200円、2年契約で5,700円です。一方、ドコモ光の戸建てプランは、2年契約で月額5,720~5,940円となっており、NURO光よりも高めの設定です。

料金比較(戸建て)

NURO光ドコモ光
月額料金5,200円(3年)
5,700円(2年)
5,720円~5,940円(2年)
初期費用3,300円
工事費44,000円
※実質無料
新規:22,800円(※実質無料)
転用:0円
違約金3,850円(3年)
3,740円(2年)
戸建て:5,500円
マンション:4,180円
※工事費は両者ともキャンペーンで相殺されるため実質無料

戸建てタイプの月額料金は、NURO光の方が最大740円安いです。ただし、この金額差はNURO光で3年契約を行った場合です。

2年契約で比較すれば、両者の金額差は20円~240円とわずかです。

工事費については、ドコモ光はNURO光の半額以下で済みます。しかもフレッツ回線や光コラボからの転用なら工事が不要なため0円です。

とは言え、NURO光もドコモ光もキャンペーンにより工事費が無料になります。従って、戸建てタイプの場合はNURO光のほうが安いと言えるでしょう。

マンションは例外を除いてドコモ光が有利

続いてマンションタイプの場合の料金を比較してみました。

マンションプランでは、NURO光の方が圧倒的に安いと言えます。「NURO光 for マンション」の月額料金は、3年契約で2,090~2,750円、2年契約で2,530~3,190円と非常にリーズナブルです。

料金比較(マンション)

NURO光 for マンションドコモ光
月額料金2,090~2,750円(3年)
2,530~3,190円(2年)
4,400円(2年)
初期費用3,300円3,300円
工事費44,000円
※実質無料
新規:16,500円(※実質無料)
転用:0円
違約金528円(3年)
363円(2年)
4,180円

NURO光は、マンション向けのプランであるNURO光 for マンションに加入できればかなり安くなります。このプランは、利用者が多くなるにつれ月額料金が安くなる仕組みです。

利用者が10人を超えると最安値となります。

ただし、NURO光 for マンションは設備を導入しているマンションでしか利用できません。残念ながら、設備導入済みのマンションは非常に少ないのが現状。

これからマンションに設備を導入するなら、4人以上でNURO光 for マンションを申し込む必要があり、簡単には申請できません。

そのため、ほとんどの人はマンションでもNURO光の通常プラン(月額5,200円)を契約することになります。そうなると、月額4,400円でマンションタイプを契約できるドコモ光が有利です。

まとめとして、マンション料金は多くのケースでドコモ光の方が安くなります。

工事費はどちらも実質無料

工事費に関しては、ドコモ光の方が安く設定されています。ドコモ光の工事費は戸建てで22,000円、マンションで16,500円ですが、どちらも実質無料のキャンペーンを実施中です。

NURO光の工事費は44,000円と高額ですが、分割払いや実質無料のキャンペーンを利用できます。ただし、NURO光の開通工事は1~2ヶ月程度かかるのに対し、ドコモ光は約2週間~1ヶ月半で開通します。

セット割は適用条件で変わる

NURO光とドコモ光はどちらもスマホセット割を適用できます。ドコモまたはソフトバンクどちらかのスマホを利用している場合は、セット割を利用するとお得です。

スマホセット割の比較

  • NURO光:ソフトバンクのスマホとセットで「おうち割 光セット」
  • ドコモ光:ドコモのスマホとセットで「ドコモ光セット割」

どちらがお得になるかは、現在契約中のスマホプランによって変わります。

NURO光はソフトバンクスマホとセットで利用するとおうち割 光セットが適用。スマホ代が1回線につき最大1,100円割引されます。

ただし、NURO光でセット割引を適用するには「NURO 光 でんわ」の加入が必須となっています。一方、ドコモ光ではそのような条件はありません。また、NURO光のセット割引は最大10回線まで適用可能ですが、ドコモ光は20回線まで適用できます。

一方、ドコモ光はドコモのスマホとセットで利用するとドコモ光セット割が適用されて、ドコモのスマホの月額料金が最大1,100円割引されます。

セット割のお得度は、NURO光・ドコモ光でほぼ変わらないことになります。

まとめると、ソフトバンクユーザーならNURO光、ドコモユーザーならドコモ光がおすすめといえます。ただし、NURO光の方が固定電話の加入が必須という条件があるため、その点はドコモ光の方が柔軟性が高いといえるでしょう。

補足:dカードGOLDユーザーはドコモ光の料金10%が還元される

ちなみに、ドコモが発行しているクレジットカードであるdカードGOLDを持っているならドコモ光がお得です。

dカードGOLDでドコモの利用料を支払うと、利用料金(ドコモスマホ・ドコモ光)に対して10%がdポイントとして還元されます。

例えばドコモ光(戸建て)なら、毎月500円分のポイントを獲得できることに(100円単位は切り捨て)。

この場合は月額料金が実質500円引きになるため、NURO光より安く使えますよ。

固定電話サービスの違い

NURO光とドコモ光はどちらも固定電話サービスを提供しています。NURO光の固定電話は「NURO 光 でんわ」、ドコモ光は「ドコモ光電話」という名称です。

基本料金を比較すると、NURO 光 でんわの方が安く設定されています。NURO 光 でんわの月額基本料金は500円ですが、ドコモ光電話の基本プランは1,650円となっています。ただし、NURO 光 でんわを単体で契約することはできず、NURO 光との同時契約が必須です。

また、NURO光からドコモ光に乗り換える際、NURO 光 でんわの電話番号をドコモ光電話に引き継ぐことはできません。NTTのアナログ回線に戻してから、改めてドコモ光電話で新しい番号を取得する必要があります。一方、ドコモ光電話からNURO 光 でんわに乗り換える場合も同様に、番号の引き継ぎはできません。

その他のオプションサービスの比較

NURO光とドコモ光では、スマホセット割引や固定電話以外にもさまざまなオプションサービスを提供しています。

NURO光の主なオプションとしては、セキュリティサービスの「カスペルスキー」、Wi-Fiルーターレンタルサービスの「NURO 光 WiFi」などがあります。一方、ドコモ光ではテレビサービスの「dTV」、クラウドストレージサービスの「dフォト」などと連携したプランを提供しています。

ただし、ドコモ光のオプションサービスの多くは、ドコモユーザー向けの特典が中心です。一方、NURO光のオプションは光回線ユーザー向けの特典が多いといえます。

また、ドコモ光ではプロバイダによってオプションサービスが異なるのに対し、NURO光のプロバイダはSo-net1社のみで全ユーザー共通のオプションとなっています。

このように、NURO光とドコモ光ではセット割引以外のオプションサービスも異なる特徴があります。スマホキャリアだけでなく、テレビやセキュリティなど、重視するサービスに合わせて選ぶことが重要といえるでしょう。

\45,000円キャッシュバック貰える/
\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

NURO光とドコモ光の評判とメリット・デメリット

NURO光の評判

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する高速インターネットサービスです。最大2Gbpsという驚異的な速度が魅力で、利用者からは「とにかく速い」という声が多数寄せられています。

また、PS5とのコラボレーションプランがあり、ゲーム好きにはたまらないサービスとなっています。 一方で、提供エリアが限られていることや、工事の立ち合いが必要なことなどがデメリットとして挙げられています。

口コミを見ると、「速度が安定していて、オンラインゲームもストレスなくプレイできる」、「大容量ファイルのダウンロードが驚くほど速い」など、速度に対する満足度が非常に高いことがわかります。 一方で、「提供エリアが限られているのが残念」、「工事の立ち合いが必要なのが面倒」といった意見もあります。

メリット・デメリットまとめ

NURO光のメリットは、何といっても最大2Gbpsという圧倒的な速度です。オンラインゲームや動画ストリーミングなど、大容量のデータ通信が必要なシーンでも、ストレスなく利用できます。

一方で、デメリットとしては提供エリアが限られていることが挙げられます。現在は関東、東海、関西、九州の一部地域のみでのサービス提供となっており、利用できない地域の人にとっては残念なサービスとなっています。

また、工事の立ち合いが必要なことも、デメリットの一つです。工事日の調整や立ち合いの手間が発生するため、スムーズにサービスを開始できない可能性があります。

ドコモ光の評判

ドコモ光は、NTTドコモが提供するインターネットサービスです。ドコモユーザーならではの割引サービス「ドコモ光セット割」が魅力で、スマホとのセット利用でお得に利用できます。

また、通信速度も安定しており、利用者からは「速度が速くて満足」、「ドコモユーザーなので、セット割がお得」といった声が多数寄せられています。

一方で、ドコモユーザー以外にはメリットが少ないことや、他社と比べて月額料金が高めであることがデメリットとして挙げられています。

口コミを見ると、「ドコモユーザーなので、セット割を適用するとかなりお得」、「速度も安定していて、ストレスなくネットが使える」など、速度と料金面での満足度が高いことがわかります。 一方で、「ドコモユーザー以外にはメリットが少ない」、「月額料金が他社と比べて高め」といった意見もあります。

メリット・デメリットまとめ

ドコモ光のメリットは、何といってもドコモユーザー向けの割引サービス「ドコモ光セット割」です。ドコモのスマホとセットで利用することで、スマホの月額料金が最大1,100円割引されるため、かなりお得に利用できます。

また、通信速度も安定しているため、ストレスなくインターネットを利用できるのも大きな魅力です。

一方で、デメリットとしてはドコモユーザー以外にはメリットが少ないことが挙げられます。セット割を適用できないため、月額料金が割高になってしまう可能性があります。

また、他社と比べて月額料金が高めであることも、デメリットの一つです。速度や割引サービスを考慮しても、他社の方がお得になるケースがあります。

以上が、NURO光とドコモ光の評判と口コミ、メリット・デメリットのまとめです。両サービスとも、速度や割引サービスなどの魅力がある一方で、提供エリアの限定や月額料金の高さなどのデメリットもあります。自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。

NURO光とドコモ光はどっちを選ぶのがおすすめ?

ここまでNURO光とドコモ光を4つの観点から比較してきました。その結果をもとに、NURO光とドコモ光のそれぞれどちらを選ぶべきかまとめます。

NURO光がおすすめな人

以下に当てはまる人はNURO光がおすすめです。

  • 通信速度を重視する
  • ソフトバンクのスマホを使っている
  • NURO光導入済みマンションに住んでいる

NURO光はなんといっても通信速度の速さが最大の売りです。オンラインゲームをする人や仕事で大容量ファイルを取り扱う人など、通信速度を重視するなら迷わずNURO光を選びましょう。

また、ソフトバンクスマホとセットで使うとおうち割 光セットにより割引を受けることが可能です。

ソフトバンクユーザーならドコモ光を使うメリットはないので、NURO光一択と言えます。

その他、住んでいるマンションがNURO光 for マンションを導入済みの場合もNURO光がおすすめ。月額料金が安いですし、設備導入済みなので工事もすぐに終わります。

仮に、NURO光 for マンションが未導入でも速度重視ならNURO光を選んだ方がいいですよ。

\45,000円キャッシュバック貰える/

ドコモ光がおすすめな人

一方、以下に当てはまる方はドコモ光がおすすめです。

  • ドコモのスマホを利用している
  • dカード GOLDを持っている
  • NURO光の対応エリア外に住んでいる
  • NURO光 for マンションに対応していないマンションで安く利用したい

ドコモ光はドコモスマホとセットで使うとセット割が適用されます。ドコモユーザーなら、ドコモ光一択でしょう。

dカードGOLDを持っている場合もドコモ光がおすすめです。毎月10%還元を受けられるので、スマホセット割なしでもNURO光より安く済みます。

また、NURO光は対応エリアの狭さがデメリットです。NURO光の対応エリア外に住んでいる場合は、必然的にドコモ光を使うことになります。

マンションの場合、NURO光 for マンション導入済みならNURO光も良いですが導入しているマンションは少ないです。

NURO光 for マンションを導入していないマンションの場合は、ドコモ光の方がNURO光より安くなります。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

NURO光からドコモ光への乗り換え方法

NURO光の解約手順と注意点

NURO光を解約する際は、まずNUROサポートデスクに連絡をして解約の意思を伝えます。電話、チャット、申請フォームから手続きが可能で、受付時間は9時から18時までです。 解約には「解約」と「退会」の2パターンがあり、プロバイダのSo-netを残すか一緒に解約するかで選びます。

解約の注意点としては、違約金や撤去工事費用などが発生する可能性があることです。2年または3年契約の場合、契約期間内の解約だと違約金が数千円かかります。また、レンタル機器の返却を忘れると損害賠償請求を受ける恐れがあるので注意しましょう。

解約のタイミングは月末がおすすめです。月の途中で解約すると、その月の月額料金が満額発生してしまうためです。計画的に乗り換え時期を検討しましょう。

ドコモ光の申し込み手順と必要書類

ドコモ光への申し込みは、ドコモショップ、ドコモ公式サイト、電話から行えます。申込時には本人確認書類が必要で、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどを用意します。クレジットカードやキャッシュカードも必要になる場合があります。

また、ドコモ光の申し込みには「ドコモ光契約ID」の登録が必要です。契約IDはドコモの携帯電話を契約している場合は不要ですが、ドコモユーザー以外は必ず取得しましょう。

申し込み後は、ドコモから「開通のご案内」などの必要書類が郵送されます。プロバイダ契約の場合は、プロバイダからもIDやパスワードが届くので、大切に保管しておきましょう。

ドコモ光の開通工事の流れ

ドコモ光の開通工事には「派遣工事」と「無派遣工事」の2種類があります。自宅に光回線を新規で引き込む場合は派遣工事となり、立ち合いと工事費用が必要です。フレッツ光や光コラボから乗り換える場合は、無派遣工事の可能性が高いです。

派遣工事の場合、申し込みから開通まで1〜2ヶ月程度かかります。無派遣工事なら2週間ほどで開通します。ただし、いずれの場合も工事日程は申込後に決まるので、早めに手続きを進めることが大切です。

工事の内容は、屋外から自宅内に光ファイバーを引き込み、宅内に光コンセントを設置する作業が中心です。マンションの場合は、建物内の配線を利用するため作業は比較的簡単です。ただし、賃貸物件では事前に大家さんの許可が必要なので注意しましょう。

乗り換えにかかる費用とお得なキャンペーン情報

NURO光からドコモ光に乗り換える際の費用は、NURO光の解約金とドコモ光の初期費用が中心です。NURO光の解約金は、2年・3年契約の場合で数千円発生します。ドコモ光の初期費用は、新規契約の場合で2万円前後かかりますが、キャンペーンを利用すれば無料になるケースもあります。

ドコモ光の申し込みキャンペーンとしては、「dポイント」のプレゼントや「初期工事費無料」「違約金負担」などがあります。特にドコモユーザー向けのキャンペーンが充実しているので、ドコモの携帯電話を利用中の方はお得に申し込めます。

ちなみに、「違約金負担キャンペーン」を実施している他社回線に乗り換えを検討するのも1つの手です。ソフトバンク光やSo-net光プラスなどで、高額キャッシュバックと一緒に違約金負担を受けられるので、ドコモ光以外の選択肢として検討してみる価値はあります。

以上が、NURO光からドコモ光への乗り換え方法の概要です。乗り換え時の注意点を抑え、お得なキャンペーンを有効活用することで、スムーズにお得に乗り換えを実現しましょう。

ドコモ光からNURO光への乗り換え方法

ドコモ光の解約手順と注意点

ドコモ光を解約するには、ドコモインフォメーションセンターに電話するか、My docomoからオンラインで手続きを行います。解約の際は、ネットワーク暗証番号や契約ID(お客さまID)などの情報が必要となるので、事前に準備しておきましょう。

解約の注意点としては、違約金の発生があります。ドコモ光の違約金は、戸建てタイプで5,500円、マンションタイプで4,180円かかります。 また、ドコモ光セット割が適用されなくなるため、スマホの月額料金が割高になる可能性もあるので注意が必要です。

さらに、ドコモ光電話を利用している場合、電話番号が廃止になる可能性があります。解約のタイミングは月末がおすすめで、月の途中で解約すると、その月の月額料金が満額発生してしまいます。

NURO光の申し込み手順と必要書類

NURO光への申し込みは、公式サイトやNURO光の代理店サイトから行えます。申込時には、本人確認書類として運転免許証やパスポートなどが必要となります。クレジットカードやキャッシュカードの情報も求められる場合があります。

NURO光の申し込み後は、開通のご案内などの必要書類が郵送されてきます。書類が届いたら、記載されている情報を確認し、大切に保管しておきましょう。

NURO光の開通工事の流れ

NURO光の開通工事は、申し込みから1〜2ヶ月ほどで行われます。工事の内容は、屋外から自宅内に光ファイバーを引き込み、宅内に光コンセントを設置する作業が中心です。

戸建て住宅の場合は、工事立ち合いが必要となり、工事の所要時間は約2〜3時間です。マンションの場合は、建物内の配線を利用するため、立ち合いが不要で工事時間も短くて済みます。ただし、マンションタイプは事前に大家さんや管理組合の許可が必要なので注意しましょう。

乗り換えにかかる費用とお得なキャンペーン情報

ドコモ光からNURO光に乗り換える際の費用は、ドコモ光の解約金とNURO光の初期費用が中心です。ドコモ光の解約金は、戸建てタイプで5,500円、マンションタイプで4,180円です。 NURO光の初期費用は、契約事務手数料3,300円と工事費実費分となります。

ただし、NURO光ではキャンペーンを実施しており、工事費無料や高額キャッシュバックを受けられる場合があります。公式サイトでは4万円以上のキャッシュバックを行っているので、お得に乗り換えができます。

また、ドコモスマホユーザーの場合、ドコモ光の違約金負担を受けられるキャンペーンもあります。

以上が、ドコモ光からNURO光への乗り換え方法の概要です。乗り換え時の注意点を抑え、お得なキャンペーンを有効活用することで、スムーズにお得に乗り換えを実現しましょう。

注意:NURO光・ドコモ光間の乗り換えは転用(事業者変更)できない

NURO光・ドコモ光間で乗り換える場合は、転用(事業者変更)ができない点に注意してください。

転用はフレッツ光回線か、フレッツ光の回線を利用している光コラボ回線のみ可能です。NURO光はフレッツ光回線ではないため転用ができません。

そのため、NURO光からドコモ光へ乗り換え、またはドコモ光からNURO光へ乗り換える場合は解約金や工事費がかかります。

解約時の費用

項目NURO光ドコモ光
契約解除料3,850円(3年)
3,740円(2年)
戸建て:5,500円
マンション:4,180円
工事費の残債最大44,000円
※契約満期で0円
最大22,000円
※契約満期で0円
解約月の月額料金プラン料金を満額請求
撤去工事費11,000円
※通常は不要
無料

NURO光は工事費を支払い終わる前に解約すると、工事費の残債を一括で支払わないといけない点に注意が必要です。

ドコモ光も工事費がかかる可能性はありますが、多くの人はキャンペーンで無料になっているため工事費はかからないことがほとんどです。

なお、ドコモ光で単独タイプを契約している場合はプロバイダの解約手続きもしないといけません。自分が契約しているプロバイダに各自で解約の連絡をしてください。

プロバイダとセットのプランを契約中なら個別の連絡は不要です。回線を解約するとプロバイダも自動解約となります。

解約時の費用はNURO光・ドコモ光ともに乗り換えキャンペーン・キャッシュバックで相殺できるので心配しすぎなくてよい

まとめ

今回は、

  • 速度
  • エリア
  • 料金、工事費
  • セット割

などの項目を中心にNURO光とドコモ光を比較しました。

NURO光は通信速度が優れています。とにかく通信速度を重視したいならNURO光がおすすめです。

また、戸建てタイプの場合はNURO光のほうが月額料金も安く済みます。

一方、ドコモ光は対応エリアが広く全国各地で使えるのが大きなメリットです。フレッツ光や光コラボから乗り換える場合は工事費もかかりません。

その他、NURO光はソフトバンク、ドコモ光はドコモとスマホセット割を適用できます。現在利用中の携帯会社に合わせて光回線を選ぶのもおすすめですよ。

\45,000円キャッシュバック貰える/
\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/
公式特典の最大169,000円還元に加えて、
当サイト限定クーポン「wifisensei」入力で、
追加5,000円キャッシュバック▼
NURO光
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次