【2024年最新】Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の評判や口コミを暴露!本当におすすめできる?

Broad Wimaxの評判とは

「Broad WiMAXが気になるけど、実際どうなの・・?」

「契約後に絶対失敗したくない!何か注意点はある・・?」

WiMAXを最安級で使えると評判のBroad WiMAX(ブロードワイマックス)。噂通り、本当にいいサービスなのでしょうか。

結論から言うと、Broad WiMAXはあらゆるWiMAXプロバイダの中でトップクラスにおすすめできます。他のプロバイダにはない、他社の違約金負担や月額割引キャンペーンがあるからです。

しかし、Broad WiMAXにも注意したい点がいくつかあります。事前にチェックしておかないと、キャンペーンが適用されず数万円の損を被ることもあるので要注意です。

この記事では、Broad WiMAXを徹底考察。メリットだけでなくデメリットも深く指摘していきます。

また、料金プランの全容やユーザーの評判についても詳しく説明。どんな人に向いているサービスなのか切り込んでいきます。

ぜひ、参考にして下さいね。

CHECK!

目次

Broad WiMAXとは?

Broad WiMAXのバナー

Broad WiMAXとは、株式会社Link Lifeが提供するWiMAXプロバイダです。本家UQ WiMAXの回線を使用しつつ、独自のサービスを付け加えています。

料金プランは以下の通りです。

料金プラン

ギガ放題プラスDX ギガ放題プラス ギガ放題プラン
月額料金 1~2カ月:2,090円
3~36カ月:3,894円
37カ月~:4,708円
1~2カ月:2,999円
3~24カ月:4,634円
25カ月~:5,313円
1~2カ月:2,999円
3~24カ月:3,753円
25カ月~:4,413円
データ容量 無制限
5G通信
契約期間 3年 2年 3年
プラスエリア
モード(LTE)

現在の主流であるギガ放題プラスは、5G通信に対応しています。おすすめはプランは、ギガ放題プラスDXです。

データ容量については、以前は7GBか無制限かの選択でしたが、現在は全プランで無制限となっています。

月額料金が3段階に分かれていますが、理由は月額割引キャンペーンが適用されるからです。

途中で値上がりしているように感じますが、実際は元の値段から割引で安くなっているだけなので、お得感があります。

Broad WiMAXの基本情報

月額料金※ 4,708円
実質月額料金※ 2,090円~
3,894円
端末代金 21,780円
(分割605円×36回)
特典 ・月額割引キャンペーン
・他社の違約金負担
契約期間 2~3年
違約金 0~20,900円
初月の日割り あり
契約事務手数料 3,300円
回線 WiMAX
発送スピード 最短当日
支払い方法 クレジットカード
口座振替
データ容量 無制限
速度制限 3日で15GB超過
プラスエリアモード 対応(無料)
運営元 株式会社Link Life

※ギガ放題プラスDXの価格

CHECK!

後悔する前に確認!Broad WiMAXのデメリット

[box class=”box33″ title=”デメリット”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. 更新月以外の解約は違約金がかかる
  2. 3日間で15GBを超えれば速度制限
  3. 口座振替払いは初期費用が必須
  4. 最安のWiMAXプロバイダではない

[/list] [/box]

更新月以外の解約は違約金がかかる

Broad WiMAXに限らず、WiMAXプロバイダは更新月以外や最低利用期間内に解約すると違約金が発生します。Broad WiMAXの違約金は以下の通りです。

違約金

ギガ放題プラスDX
(3年契約)
ギガ放題プラン
(3年契約)
ギガ放題プラス
(2年契約)
12カ月以内 20,900円 10,450円
13~24カ月 15,400円  10,450円
25ヵ月目 10,450円  0円
26カ月以降 10,450円 
更新月 0円  

3年契約のギガ放題プラスDX(5G対応)とギガ放題(5G非対応)は、25ヵ月目から違約金が10,450円となります。

2年契約のギガ放題プラス(5G対応)は、12カ月以内でも違約金は10,450円です。そのため、短期契約を考えているなら、2年契約のギガ放題プラスがおすすめです。

なお、どのプランでも更新月に解約すれば違約金はかかりません。更新月は、3年契約なら3年目、2年契約なら2年目に訪れます。

違約金はキャンペーンで相殺できる

更新月に解約すれば0円とは言え、他の期間は約1万円の違約金が発生します。なかなか手痛い金額ですが、Broad WiMAXならキャンペーンで相殺できます。

  • 月額割引キャンペーン:最大35,530円の還元
  • 違約金当社負担乗換えキャンペーン:最大19,000円の還元

月額割引キャンペーンは、5G対応のギガ放題プラスDXかギガ放題プラスに加入すると適用される特典です。このキャンペーンだけでBroad WiMAXの違約金は完全に相殺できます。

違約金当社負担乗換えキャンペーンは、他社で発生した違約金をBroad WiMAXが肩代わりしてくれる特典です。ポケットWi-Fiだけでなく光回線の違約金でも負担してくれます。

3日間で15GBを超えれば速度制限

【追記】

2022年2月より「3日で15GBを超えれば速度制限」の条件は撤廃されました

Broad WiMAXでは3日間で15GB以上のデータ通信を利用すると、一時的に速度制限がかかります。

こちらもBroad WiMAX特有ではなく、すべてのWiMAXプロバイダに共通のデメリットです。

具体的には、直近3日間で15GB以上利用すると「3日で10GBを超えた翌日の18時頃~翌2時頃」まで速度制限されます。

制限後の速度ですが約1Mbpsなので、そこまで遅くはありません(動画も再生可)。

3日で15GBの基準ですが、大容量ファイルを大量ダウンロードするなど極端な使い方をしなければまず超えません。

ちなみに、2020年以前は3日で10GBまでだったので、速度制限のルールは緩和されています。

口座振替払いは初期費用が必須

Broad WiMAXは口座振替を選択できる貴重なWiMAXプロバイダです(Broad WiMAX含め口座振替対応は3社しかない)。しかし、口座振替を選択すると高額な初期費用が発生します。

[box class=”box26″ title=”初期費用”]20,743円[/box]

初期費用を考慮してもキャンペーンが充実するBroad WiMAXはお得なのですが、2万円以上の支払いが必要となるのは大きなデメリットです。

クレジットカード払い&指定オプション加入(即解約可)なら初期費用は0円にできる

口座振替払いをお考えなら、できればクレジットカード支払いに切り替えた方がいいです。その理由は、初期費用を0円にできるから。

[box class=”box25″]

初期費用0円の条件

  • クレジットカード払い
  • 安心サポートプラスとMyBroadサポートに加入(即解約可)

[/box]

気になる安心サポートプラス(605円)とMyBroadサポート(997円)の加入条件ですが、こちらは端末到着後に即解約OKです。公式サイトにも即解約していいとの表記があります。

MyBroadサポートについては現在2カ月無料の特典が付いているので、すぐに解約すれば料金はかかりません。

安心サポートプラスの1か月分の支払い(605円)は必要ですが、Broad WiMAXの初期費用(20,743円)は0円にできます。

最安のWiMAXプロバイダではない

Broad WiMAXは、最安のWiMAXプロバイダではありません。

WiMAXプロバイダとは

以下、WiMAXの主要プロバイダの実質料金(月額料金・初期費用・端末代の合計額にキャンペーンの割引を引いた金額)を比較してみました。

WiMAXの料金比較

プロバイダ名 実質月額
GMOとくとくBB 3,798円
Broad WiMAX 4,449円
カシモ WiMAX 4,462円
BIGLOBE WiMAX 5,114円
UQ WiMAX 5,145円

ご覧の通り、最安値はGMOとくとくBBです。Broad WiMAXも全体で2位なので検討していますが、最安ではありません。

GMOとくとくBBがなぜここまで安いのかというと、キャッシュバックと月額割引の特典があるからです。

キャッシュバック特典の詳細へ▼

キャッシュバックは、全WiMAXプロバイダで最高の還元額です。

2024年6月現在のキャッシュバック金額は最大57,000円

  • すべての人が対象:15,000円
  • 他社から乗り換える人:最大40,000円
  • 2つのオプション加入:2,000円

さらに、GMOとくとくBBではキャッシュバックに加えて月額割引の特典も併用できます。

月額割引
  • 端末発送月:5,302円→1,375円
  • 1カ月~35カ月:5,302円→3,762円
  • 36カ月以降:5,302円→4,807円

仮にキャッシュバックの受け取りを忘れてしまっても、月額割引の特典は自動適用されるので損することはありません。月額割引の適用だけでも、WiMAXの最安利用が可能です。

先述した通り、WiMAXはどの契約窓口で申し込んでもサービス内容は同じです。そのため、料金の安さでGMOとくとくBBに決めてしまって問題ないありませんよ。

最安でWiMAXを契約できる窓口▼

GMOとくとくBBのキャッシュバックはもらい損ねしやすいので、あえてBroad WiMAXを選ぶ人も多い

最安値のGMOとくとくBBですが、実はキャッシュバックを受け取り忘れしやすいことから、あえて2番目に安いBroad WiMAXを選ぶ人もいます。

[box class=”box14″]

キャッシュバックを受け取る手順

  1. 公式サイトからGMOとくとくBBに申し込む
  2. 11ヶ月目にキャッシュバック案内メールが届く
  3. 振込先の口座情報を登録する
  4. 翌月末頃にキャッシュバックが振り込まれる

[/box]

注意したいのが11ヵ月目に申請が必要な点と、キャッシュバック案内が新たに発行するGMOのメールアドレスに届く点です。

キャッシュバックルール

案内メールの送付先について

これを知らずに、いつも使っているメールアドレスに案内メールが届くと勘違いしている人は、キャッシュバックの受け取り損ねを招いています。

仮にキャッシュバックを受け取り忘れても月額割引が効くので、24ヵ月目まではGMOとくとくBBの方が安いです。しかし、25ヵ月目からはBroad WiMAXの方が安くなります。

結論として、

  • GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る自信がない
  • 25カ月以上、WiMAXを使う予定

に当てはまるなら、あえて最安のGMOとくとくBBを選ばずに、Broad WiMAXで申し込むのも一つの策ですよ。

CHECK!

抑えておきたい!Broad WiMAXのメリット

[box class=”box31″ title=”メリット”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. 月額割引キャンペーンを受けられる
  2. 最短翌日に届く
  3. au・UQモバイルはセット割が適用できる
  4. 最大19,000円まで他社の違約金を負担してくれる
  5. プラスエリアモードのオプション料金が無料

[/list] [/box]

月額割引キャンペーンを受けられる

現在、Broad WiMAXでは月額割引キャンペーンを適用できます。

Broad WiMAXのキャンペーン

月額割引キャンペーン

ギガ放題プラスDX ギガ放題プラス ギガ放題プラン
契約期間 3年 2年 3年
割引額 1~2カ月:2,618円
3~36カ月:814円
1~2カ月:2,314円
3~36カ月:679円
1~2カ月:1,414円
3~36カ月:660円
月額料金
(割引後)
1~2カ月:2,090円
3~36カ月:3,894円
37カ月~:4,708円
1~2カ月:2,999円
3~24カ月:4,634円
25カ月~:5,313円
1~2カ月:2,999円
3~24カ月:3,753円
25カ月~:4,413円

[memo title=”MEMO”]キャンペーン期間は2021年10月11日~終了未定[/memo]

一番お得なのはギガ放題プラスDX

Broad WiMAXの月額割引キャンペーンはややこしく感じるかもしれませんが、一番お得に受け取りたいならギガ放題プラスDXだけ着目すればOK。

割引額が最も大きく、36カ月までの間に35,530円も還元されます。逆に選んではいけないのがギガ放題プランです。

ギガ放題プランは5G非対応なのに、5G対応のギガ放題プラスDXより高くなってしまうからです。

最短翌日に届く

Broad WiMAXは、申し込み後すぐに端末が届きます。平日13時までの注文なら当日配送。

土曜日も、電話で催促すれば当日配送してくれる場合があります。宅急便で送ってくれるため最短翌日には受取り可能です。

到着日の目安

  • 翌日:関東
  • 2日後:東北・北陸・東海・関西・四国・中国
  • 3日後:北海道・九州・沖縄

もちろん工事は不要なので、端末が届いたらすぐにネット利用OK。 引っ越し直後で早くネット環境がほしいときでも助かります。

店舗受取りなら当日受け取りもOK

オンラインで申し込む際に、「店舗受取希望」にチェックを入れておけば、最短当日に端末を受け取れます。

対応店舗

  • 渋谷センター
  • 秋葉原センター
  • 大宮センター
  • 梅田センター

いずれも駅チカなので、近くで受け取れる方は利用するといいですよ。

au・UQモバイルはセット割が適用できる

auまたはUQモバイルを利用中の方は、Broad WiMAXとのセット割を適用できます。適用できる割引額は550円から1100円までとなります。

WiMAXのスマホセット割とは

auスマートバリュー(auのセット割)

プラン名
※受付停止中のプランは割愛
割引額
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
※2~20GB
550円
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
※1~7GB
550円
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G
1100円

 

自宅セット割 インターネットコース(UQモバイルのセット割)

プラン名 割引額
638円
858円

対象のプランに加入中なら、Broad WiMAXとセットでスマホ代まで安くなるので大変お得です。

最大19,000円まで他社の違約金を負担してくれる

既に別のWi-Fiサービスに加入している場合、悩ましいのが違約金です。およそ1〜2万円の違約金が設定されているかと思います。

Broad WiMAXなら「契約解除料負担のお乗換えキャンペーン」にて、他社の解約金を最大19000円まで負担してくれます。

他社の違約金負担

[memo title=”MEMO”]キャンペーン期間は2021年10月~終了未定[/memo]

違約金の負担ですが、ポケットWi-Fiに限らず光回線やケーブルTVも対象です。

ちなみに、他社の違約金を負担してくれるWiMAXプロバイダは他にありません。Broad WiMAXだけの、お得なキャンペーンとなっています。

[memo title=”MEMO”]口座振替払いはキャンペーン対象外なので注意[/memo]

プラスエリアモードのオプション料金が無料

WiMAXを使う上で心配となるのがエリアですよね。WiMAX回線は稀に通信環境の影響で突然繋がりにくくなることがあります。

そんなとき役立つのがプラスエリアモード。プラスエリアモードとは、au回線(4G/5G)で接続できるサービスのことで、WiMAX回線が繋がらないときに重宝します。

こちら通常は月額1100円のオプションサービスなのですが、Broad WiMAXなら無料に。仮に3年契約なら、総額39600円分のオプション料金を浮かせることができます。

プラスエリアモードを無料で使えるので、山間部や離島に出かけるときでも安心。いつでもネットが繋がります。

CHECK!

Broad WiMAXの評判・口コミ

Broad WiMAXに対する良い口コミ、悪い口コミの両面を調査してみました。

良い口コミ

まずは良い口コミからご紹介します。

本家UQ WiMAXより安い

Broad WiMAXは本家UQ WiMAXより安く契約できます。同じWiMAX回線なら安い方が断然いいですよね。

 

速度制限にかかっても動画が見られる

Broad WiMAXは、仮に速度制限にかかっても1Mbpsのスピードが出ます。

1Mbpsあれば、普通画質なら動画の再生可能。大きく不便さを感じることはありません。

悪い口コミ

次は、悪い口コミを考察していきましょう。

速度が遅くなるときがある

いくら速度に自信があるWiMAXでも、通信環境が悪ければ遅くなります。Broad WiMAXも、遅くなるときがあるとの意見が一部ありました。

 

サポートに繋がりにくい

サポートに繋がりにくいとの意見はちらほら見かけました。コールセンターのスタッフが足りていないのかもしれません。

 

3日間の速度制限がキツイ

Broad WiMAXは、3日で15GB以上のデータ容量を使うと速度制限がかかって1Mbps前後まで速度低下します(すべてのWiMAXプロバイダで共通)。

3日で15GBは1日あたり5GBのなので簡単には超過しませんが、動画やゲームファイルを複数ダウンロードすると制限にかかる可能性があります。人によっては厳しいと感じることでしょう。

CHECK!

【総合評価】Broad WiMAXがおすすめな人

Broad WiMAXは、以下に当てはまる方におすすめです。

[box class=”box18″]

  • 本家UQ WiMAXより安く契約したい
  • 他社の違約金を負担してほしい
  • 今すぐネット環境が欲しい
  • 無制限でネットを使いたい
  • セット割可能なau・UQモバイルユーザー

[/box]

まず、おすすめできるのがWiMAXサービスを安く使いたい人。本家UQ WiMAXで契約するより断然にお得です。

最安値ではありませんが、申請不要の月額割引を受けられるためキャッシュバックの受け取り忘れの心配なし。

むしろ、最安値ながらキャッシュバック受け取りが難しいGMOとくとくBBを避けてBroad WiMAXを選ぶ人もいるくらいです。

また、発送スピードが早いため今すぐネット環境が欲しい方にもピッタリ。引っ越し直後や来週から出張で使う・・といったケースでも対応できます。

その他、セット割を適用できるauかUQモバイルユーザーの人も検討すべきですよ。

CHECK!

そもそもWiMAX+5Gとは?WiMAX2+との違い

2024年6月時点、最新のWiMAXサービスは「WiMAX+5G」となります。

ここでは、前身の「WiMAX2+」と比べて何が進化したのか解説していきます。

エリアが格段に改善!「WiMAXが繋がらない」は昔の話

WiMAXはサービス開始当初から、繋がりにくいとの悪評が非常に目立ちました。当時のイメージはなかなか払しょくされず、今でもWiMAXは繋がらないとのイメージが残ります。

しかし、最新のWiMAX+5Gでは、通信エリアが大幅に改善されたおかげで、驚くほど繋がりやすくなりました。

実際、電波強度が常にMAXの状態に。

電波強度

電波強度が落ちない

また、WiMAX+5Gでは、人口カバー率99%を誇るau回線(4G/5G)も併用しています。

地方や地下鉄など、これまでWiMAXが繋がりにくかった場所でも、電波が入ります。auスマホと同じエリアが繋がると考えてOKです。

圏外になることは、ほぼありません。

3日で10GBの速度制限が撤廃されて使い放題に

以前のWiMAX2+では「3日で10GB以上使うと速度制限」のルールがありました。

そのため、ギガ使い放題プランでも、「実質使い放題」と表現せざるを得ず、本物のデータ無制限ではありませんでした。

しかし、WiMAX+5Gでは速度制限のルールが完全に撤廃。災害時など緊急事態が起きた場合を除いては、完全データ使い放題です。

毎日、データ残量を気にせず好きなだけ通信が可能となっています。

プラスエリアモードは30GBまでに拡張

プラスエリアモードとは、auの4G LTE回線を使用するモードを意味します。主に、WiMAX回線が圏外となった時の保険として利用されます。

プラスエリアモード

プラスエリアモード

プラスエリアモードの容量ですが、WiMAX+5GではWiMAX2+と比べて23GB増量されて30GBに。

また、WiMAX2+のプラスエリアモード(旧名:ハイスピードプラスエリアモード)は、上限の7GBを使い切ると128kbpsに速度制限にかかっていましたが、WiMAX+5Gでは、その制限ルールも撤廃されています。

ちなみに、WiMAX+5Gでは、わざわざプラスエリアモードにしなくても、auの4G/5G回線を使用できるため、現在このオプションの価値は薄れています。

\WiMAX+5Gを最安で使える/
※今なら高額キャッシュバックあり

実機レビュー!WiMAX+5Gの実力を検証

ハイスペックを誇るWiMAX+5Gですが、実際のところ実力は本物なのか。

ここでは、通信のプロがWiMAX+5Gを徹底検証。忖度なしで厳しく評価していきます。

地下街でも問題なし!電波状況は驚くほど良好

WiMAX+5Gはau回線も使用するため、理論上は地下でも繋がりやすいはずです。しかしながら、実際に使ってみないと噂は本物か分かりません。

結論から言うと、WiMAX+5Gの電波状況は驚くほど良好でした。地下街を歩きながら計測したところ、約60Mbpsを記録。

地下でWiMAXを計測

地下でも電波が入る

以前のWiMAXは建物による遮断に弱かったのですが、むしろ現在は地下や建物の中の方が、他のポケット型WiFiと比べて強みを発揮するようになりました。

平均で70Mbpsを記録!最高速度は100Mbps超え

WiMAX+5Gを計測

WiMAX+5Gを計測

平均速度

  • ダウンロード:69.8Mbps
  • アップロード:40.8Mbps
  • Ping値:24.3ms
  • 測定場所:神奈川県川崎市
  • 検証日:2023年12月1日~6日(1日10回以上計測)
  • 検証機器:Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAX+5Gの速度の理論値は2Gbpsです。さすがに実効速度は理論値通りとはいきませんが、平均で約70Mbpsと満足できる結果となりました。

他のポケット型WiFiは10~30Mbps程度のケースが多いため、その差は歴然。Youtubeの高画質動画でも10Mbpsあれば再生できるため、WiMAX+5Gなら非常に快適です。

なお、瞬間最大風速の測定値では100Mbpsを超えました。今後さらに5G回線が増強される予定なので、平均で100Mbpsを超える日もそう遠くはないでしょう。

プラスエリアモードだともっと速い

プラスエリアモードをONにすると85.4Mbpsを記録。

プラスエリアモードで計測

プラスエリアモードで計測

WiMAX回線よりも15Mbpsほど速度が速くなりました。

移動中でもサクサク繋がる!安定感も問題なし

実際にWiMAXを使用する際は、歩きながらまたは電車やバスに乗りながらといったシチュエーションが予想されます。

そのため、止まった状態ではなく移動中にWiMAX+5Gの速度を測ってみることに。

バスでWiMAXを計測

バスに揺られながら計測

地方のバスにて大きく揺られながら計測したところ、60Mbpsほどで通信が安定。途中で電波が途切れることはありませんでした。

電車の中でも使用してみましたが、やはり60~90Mbpsくらいで安定。新幹線の社内でも問題なく使用できました。

最も悪い記録でも必要十分な20Mbpsを突破

ここまで良い結果ばかりを報告してきましたが、さすがにWiMAX+5Gでも無線通信ゆえに環境によって遅くなるときがあります。

1週間かけておよそ20か所で計測してみましたが、最も悪いときで20Mbpsでした。

カフェで速度測定

一番遅くても20Mbps

都心のカフェで使用したときの記録ですが、電波の混信が多く速度がやや低下したのかもしれません。

それでも十分に高速通信です。最低速度で20Mbpsもあれば、優秀と言えるでしょう。

これまでは遅かったアップロードの速度も改善

以前のWiMAX2+ではアップロード速度が物足りなかったのですが、WiMAX+5はダウンロードだけでなくアップロード速度も大きく向上。

実効速度で約40Mbpsとなっています。

アップデートの速度

アップロードも速い

これだけ速ければ、インスタグラムやTikTokなどSNSの投稿は問題なし。Youtubeに大容量の動画をアップロードできるほどのクオリティです。

ZOOMなどオンラインで会議する用途でも問題ありません。

毎日使うから大切!使いやすさはどう?

毎日の相棒とするなら、速度だけでなく使い心地も重要です。ここでは設定と持ち運びやすさを検証してみます。

設定はやることがないほど簡単

WiMAXの設定方法ですが、

  1. 電源をONにする
  2. 通信機器にSSIDとパスワードを入力する(初回のみ)

以上で完了します。一度設定した機器は自動接続となるため、設定不要で電源を入れるだけとなります。

電源はタイプCのUSBケーブルを使うため、ほとんどの方はスマホ用の充電機器をそのまま使用可能です。

サイズは一般的なポケット型WiFiと同じ

WiMAXのサイズは一般的な一般的なポケット型WiFiと同じ。手の平に収まるくらいと想定してOKです。

重量は機種によって変わりますが、重くても約200gくらいです。苦になる重さではありません。

バッテリー持ちも十分!最新機種が特に凄い

バッテリーは機種によって容量が変わるため一概に評価できませんが、繋ぎっぱなしでも1日で充電を使い切ることは滅多にありません。

ちなみに、今回の検証で使用したGalaxy 5G Mobile Wi-Fiのバッテリー容量は、5,000mAhとかなりの大容量です。

WiMAXの対応端末は様々ありますが、最新機種の方がバッテリー容量が大きい傾向にあります。

検証まとめ!結局WiMAX +5Gは凄いのか?

WiMAX端末

結論として、あらゆるポケット型WiFiを試した中でも、WiMAX+5Gの実力は抜きんでていました。

クラウドWiFiと比べると、あまりの快適性の違いに驚きます。

最強のWi-Fi環境を手に入れたい人には、WiMAX+5Gは最良の相棒となってくることでしょう。

実際に使用してみて、自信を持っておすすめできます。

\WiMAX+5Gを最安で使える/
※今なら高額キャッシュバックあり

【補足】WiMAX+5Gは据え置き型のホームルーターも選べる

WiMAX+5Gのメインはポケット型WiFi(モバイルルーター)ですが、自宅利用を想定した据え置き型のホームルーターも選べます。

近年、ホームルーターの性能はどんどん上がっており、工事不要で安定感のある通信ができるため需要が急増。

ここでは、WiMAXのホームルーターについて詳しく検証していきます。

ホームルーターって何?モバイル型との違い

WiMAX+5Gでは、ポケット型WiFi(モバイルルーター)の他にホームルーターを選べます。

WiMAXホームルーター

ホームルーター(WiMAX)

ホームルーターは、「ホーム」と名前が付いている通り、自宅で使用することを想定しています。

モバイルルーター ホームルーター
用途 持ち運び型 据え置き型
電源 不要 必要
通信品質
環境によって変動する

常に安定している

モバイルルーターより利便性は劣るものの、安定した通信を供給できるのがホームルーターの強みです。

WiMAXのホームルーターは契約した住所以外でも使える

ソフトバンクエアーやドコモのhome 5Gなどのホームルーターは、契約者の住所以外では使用できません。

しかし、WiMAXならコンセントのある場所ならどこで使用してもOKです。

実家に帰省するときや、長期の旅行にいくときにキャリケースやリュックサックに入れて持ち運びできます。

重量は約600gと以外に軽く、ペットボトル飲料を持ち歩くくらいの負担しかありません。

使い方はコンセントに挿すだけ

ホームルーターの使い方は、電源ケーブルをコンセントに挿すだけ。正面の緑のランプが点灯すれば、通信可能な状態となります。

ホームルーターの使い方

電源を入れて設定完了

通信機器側でSSIDとパスワードを入力すればネットに繋がります。

快適に使える?実効速度を計測してみた

WiMAX+5Gのホームルーターは、実際どのくらいの速度が出るのでしょうか?

自宅にて実際に計測してみました。

WiMAXホームルーターの速度測定

計測結果

  • ダウンロード:91.4Mbps
  • アップロード:28.8Mbps
  • Ping値:24.0ms
  • 測定場所:神奈川県川崎市
  • 検証日:2023年12月1日~6日
  • 検証機器:Speed Wi-Fi HOME 5GB L11

結果は、平均速度で約90Mbpsを記録。時間を変えて10回以上測定しましたが、80~100Mbpsで安定していました。

モバイルルーターと比べて速度のバラツキが少なく、体感でも相当な速さを感じられました。

光回線のWi-Fiも大体100Mbpsくらいなので、WiMAX+5Gのホームルーターならほぼ同じ速度です。

光回線と違い、工事不要ですぐに高品質な通信環境が手に入ります。

ホームルーターが向いている人とは?

WiMAX+5Gのホームルーターは、通信品質が良好で安定感あり。工事不要で自宅用のWiFi環境を手軽に整えたい人に向いています。

また、同時接続台数が多いため、2人以上で暮らす家庭にも向いています。

ソフトバンクエアーなど他社のホームルーターを使ったことがあるけど遅すぎた・・といった方にもおすすめです。

\WiMAX+5Gを最安で使える/
※今なら高額キャッシュバックあり

まとめ

WiMAXプロバイダのBroad WiMAXは、料金の安さや発送スピードが魅力です。

今すぐネット環境を整えたい方にはもってこい。工事不要ですぐに利用できます。

端末によってスペックは異なりますが、5G対応のギガ放題プラスなら速度の期待は大きいです。以下、おさらいとしてBroad WiMAXのメリット・デメリットをまとめておきますね。

[box class=”box31″ title=”メリット”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. 月額割引キャンペーンを受けられる
  2. 最短翌日に届く
  3. au・UQモバイルはセット割が適用できる
  4. 最大19,000円まで他社の違約金を負担してくれる
  5. プラスエリアモードのオプション料金が無料

[/list] [/box]

[box class=”box33″ title=”デメリット”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]

  1. 更新月以外の解約は違約金がかかる
  2. 3日間で15GBを超えれば速度制限
  3. 口座振替払いは初期費用が必須
  4. 最安のWiMAXプロバイダではない

[/list] [/box]

CHECK!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次