【2024年最新】ドコモ光の評判や口コミを徹底解説!メリット・デメリットを詳しく考察

ドコモ光の評判とは

「ドコモ光の評判が気になるけど実際どうなの・・?」

光回線の中でトップクラスの人気を誇るドコモ光。ドコモスマホのセット割や手厚いキャンペーンなどが功を奏して、加入増加が止まらない状況です。

以下、ドコモ光の月額料金です。

月額料金
  • マンションタイプ:4,400円
  • 戸建てタイプ:5,720円

ドコモスマホの人は、上記から-1,100円の割引を受けられます。なお、工事費は現在キャンペーンで無料です。

とはいえ、やっぱり気になるのが評判。ドコモ光にはメリットだけでなくデメリットもあります。

そこでこの記事では、ドコモ光の評判・口コミを徹底解説。月額料金や実際の通信速度などサービス内容についても分かりやすく説明しています。

ぜひ、参考にして下さいね。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る

目次

ドコモ光とは?基本情報まとめ

ドコモ光は、ドコモが提供する光回線サービスです。2022年2月に契約者が700万件を突破したことを発表しており、全光回線サービスの中でもトップクラスの人気を誇ります。

ドコモ光のスタッフに聞いた話では毎日3000件以上の契約が発生しているそうです。

ドコモ光はの特徴としてフレッツ光と同じ回線を使うことが挙げられます。NTTの回線網を使用するため、サービスエリアは全国区です。

まずはドコモ光の月額料金やオプションなど、基本情報をチェックしましょう。

料金プラン(戸建て・マンション)

ドコモ光の料金プランは以下の通りです。

ドコモ光の料金プラン 戸建て マンション
最大通信速度 1Gbps 1Gbps
月額料金
(2年契約)
タイプA・C:5,720円
タイプB:5,940円
単独タイプ:5,500円
タイプA・C:4,400円
タイプB:4,620円
単独タイプ:4,180円
契約事務手数料 3,300円 3,300円
工事費 新規:19,800円
転用:0円
新規:16,500円
転用:0円
契約期間 2年 2年
違約金 5,500円 4,180円

ドコモ光の料金プランは大きくタイプA・B・C・単独の4種類があります。

タイプAとBはプロバイダがセットになったプランです。月額料金にプロバイダ料が含まれているため、個別に契約するよりもお得になります。

対応プロバイダは以下の通りです。

タイプ 対応プロバイダ
タイプA OCN、GMOとくとくBB、@nifty、SIS、ANDLINE、ic-net、hi-ho、BIGLOBE、BB.excite、Tigers-net.com、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、DTI、@ネスク、TikiTiki、ドコモnet、ぷらら
タイプB @TCOM、TNC、AsahiNet、ちゃんぷるネット、WAKWAK、OCN

タイプCはケーブルテレビの設備を利用したサービスです。対応しているケーブルテレビ事業者はドコモ光 タイプCから確認できます。

単独タイプはプロバイダ契約がセットになっていないプランなので、別途プロバイダへの申し込みが必要です。

月額料金が高くなるので、基本的にはタイプA・B・Cのいずれかを選びましょう。

ドコモ光でもっとも標準的なプランはタイプAで、戸建て住宅なら月額5,720円、マンションなら月額4,400円で利用できます。

どちらも2年契約時の料金であり、定期契約なしの場合は月額料金が高くなるので注意してください。

工事費は戸建てで19,800円、マンションで16,500円です。フレッツ光から転用する場合は回線そのままで移行できるため、原則工事費がかかりません。

10ギガプラン

ドコモ光では最大10Gbpsの速度が利用できる10ギガプランも用意されています。

ドコモ光の10ギガプラン 戸建て マンション
最大通信速度 10Gbps 10Gbps
月額料金
(2年契約)
タイプA:6,380円
タイプB:6,600円
単独タイプ:5,940円
契約事務手数料 3,300円 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
契約期間 2年 2年
違約金 5,500円

10ギガプランは戸建てでもマンションでも月額料金が同じです。タイプによって月額料金が異なり、タイプAのプロバイダを選ぶと最も安い月額6,380円で利用できます。

工事費は戸建てで19,800円、マンションで16,500円です。新規契約時はもちろん、ドコモ光1ギガから10ギガプランへ移行する際も同額の工事費がかかります。

10ギガプランは一般の人にはおすすめしない

速度が10倍になるため気になる方も多いかと思いますが、結論から言うと一般の人にはオーバースペックなのでおすすめはできません。

おすすめできない理由

  • 月額料金が高い
  • 提供エリアが一部の都市部に限られる
  • 周辺機器も10Gbps対応に揃えなくてはいけない
  • ドコモ光電話が非対応
  • そもそも10Gbpsも必要ない

まず、料金が割高な上に提供エリアが狭いです。さらに、ルーターなど周辺機器も10Gbpsに対応する必要があります。

そもそも、一般的な用途はもちろん仕事でネット回線を使う人でも10Gbpsもの速度は不要です。ゲーマーやトレーダーの人向けのプランと言えるでしょう。

オプション一覧

ドコモ光で利用できる主なオプションは以下の通りです。

オプション一覧

  • ドコモ光電話:月額550円
  • ドコモ光電話バリュー:月額1,650円
  • あんしんパック ホーム:月額968円
  • デジタル機器補償サービス:月額550円
  • ネットトータルサポート:月額550円
  • ネットワークセキュリティ:月額385円
  • ドコモ光テレビオプション:月額825円
  • スカパー!:月額1,980円
  • ひかりTV:月額2,750円
  • DAZN for docomo:月額3,000円
  • Lemino:月額990円
  • dアニメストア:月額550円

光電話・光テレビに加えてセキュリティやエンタメなどのオプションが用意されています。

とくに映像サービス関連のオプションが充実しており、ドラマや映画、アニメなどを楽しみたい人にはピッタリです。

なお、プロバイダによっては上記以外にプロバイダ独自のオプションを利用できることがあります。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

ドコモ光と他の光回線を比較

次は、ドコモ光と他の光回線を月額料金および通信速度で比較してみましょう。

料金は高いか

まずはドコモ光と主要な光回線の月額料金を比較してみました。いずれも最大1Gbpsもしくは2Gbpsの速度で、2年または3年の定期契約があるプランを契約するとします。

光回線 戸建て マンション
ドコモ光 5,720円 4,400円
フレッツ光 東日本 5,940円+プロバイダ料 3,355円+プロバイダ料
フレッツ光 西日本 4,730円+プロバイダ料 3,575円+プロバイダ料
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
auひかり 5,610円 4,455~5,500円
NURO光 5,200円 2,090~2,750円
楽天ひかり 5,280円 4,180円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
So-net光 6,138円 4,928円
eo光 5,448円 3,876円~

主要な光回線と比べると、ドコモ光の月額料金は高くもなく安くもない標準的な料金であることが分かります。

戸建てはauひかりやNURO光、楽天ひかりのほうが割安ですし、マンションもソフトバンク光やNURO光、eo光などと比べるとやや割高です。

ただし、ドコモのスマホを利用している場合は「ドコモ光セット割」により、スマホ料金が毎月1,100円割引されます。ドコモユーザーなら、他の光回線よりもドコモ光を選ぶとお得です。

速度は遅いか

光回線を選ぶ際は通信速度も重要です。最大速度は他の光回線に負けていないドコモ光ですが、実速度はどうなのでしょうか。

ドコモ光と主要な光回線の通信速度を比較してみました。データは2024年2月時点における「みんそく」の直近3ヶ月の平均値です。

光回線 下り 上り
ドコモ光 258.74Mbps 274.38Mbps
フレッツ光 253.56Mbps 244.69Mbps
ソフトバンク光 302.51Mbps 324.99Mbps
auひかり 517.69Mbps 523.39Mbps
NURO光 609.05Mbps 617.38Mbps
楽天ひかり 215.38Mbps 229.7Mbps
ビッグローブ光 237.03Mbps 256.64Mbps
So-net光 233.29Mbps 273.77Mbps
eo光 749.17Mbps 649.08Mbps

ドコモ光の通信速度は、独自回線系であるNURO光やauひかり、eo光に劣ります。決して、光回線の中でも最速ではありません。

それでも下り・上りの両方で250Mbps以上の速度を記録しています。これだけの速度が出れば、動画視聴やオンラインゲーム、テレワークなども快適でしょう。

よほど通信速度にこだわる人でなければ、ドコモ光が遅くて困ることはありません。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

ドコモ光のメリットや他社より優れた特徴

メリット
  1. ドコモスマホのセット割を適用できる
  2. irumoとのセット割を適用できる
  3. 新規申し込みは工事費が無料
  4. フレッツ光より月額料金が安い
  5. 通信速度が安定している
  6. dカード GOLDユーザーは10%還元
  7. 光コラボから乗り換えまたはフレッツ光の設備ありなら工事不要
  8. 支払額に応じてdポイントが貯まる
  9. NTT回線の利用で提供エリアが全国
  10. 高額キャッシュバック付きのプロバイダを選べる
  11. v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料レンタルできる(プロバイダ特典)
  12. 大手運営で最も選ばれている光回線

ドコモスマホのセット割を適用できる

ドコモユーザーなら、ドコモ光セット割を利用できます。こちら、ドコモスマホが最大1,100円割引されるサービスです。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

割引額/月 対象プラン
1,100円 eximo・5Gギガホプレミア・5Gギガホ・ギガホプレミア・ギガホ・5Gギガライト ステップ3/4・ギガライト ステップ3/4
550円 5Gギガライト ステップ2・ギガライト ステップ2

ドコモのメインプランであるeximoも対応。ギガプランなら、ギガライト(5Gギガライト) ステップ1を除いてすべて割引対象です。

また、上記の表からは割愛していますが、ギガプラン以前の旧プランでも割引特典を受け取れます。例えば、シェアパックなら最大3,190円の割引です。

ドコモ光にしやした。家族全員ドコモだからjcomより月額3000円以上安くなる上に回線も強くなったわ

引用:X

離れた家族に適用できる

ドコモ光セット割は最大20回線までなら、離れた家族でも適用することができます。三等親以内が対象なので、親戚でも構いません。

家族でドコモ光セット割

離れた家族も適用可

ドコモユーザーの人は、こちらの割引だけを目当てにドコモ光を選んでいいほど強力な特典です。

ahamoは対象外なので注意

ドコモの格安プランであるahamoは、ドコモ光セット割の対象外なので気を付けましょう。

ただ、ahamoは20GB 2,970円(5分かけ放題付き)とそもそもの料金が安いので、セット割がなくても十分お得です。

irumoとのセット割を適用できる

irumoとは、ドコモが提供する格安プランです。同じドコモの格安プランにはahamoもありますが、irumoならドコモ光とのセット割を適用できます。

irumo×ドコモ光のセット割
毎月1,100円

irumoの月額料金

月額料金
セット割適用前 セット割適用後
0.5GB 550円 550円
※セット割なし
3GB 2,167円 1,067円
6GB 2,827円 1,727円
9GB 3,377円 2,277円

irumoは0.5GB~9GBまでデータ容量を選べますが、0.5GBプランはドコモ光セット割が対象外なので注意して下さい。

最大で9GBまでとなっているためデータ無制限を希望する人のは向きませんが、毎月のスマホのデータ消費が小容量で収まる人なら、ドコモ光とのセット割が適用されるirumoを使うといいでしょう。

ドコモを利用中の人も、irumoの方がお得です。

新規申し込みは工事費が無料

現在ドコモ光では、新規申し込み者に対して工事費無料のキャンペーンを行っています。

ドコモ光の工事費が無料

ドコモ光の工事費が無料

面倒な適用条件はなく、初めてドコモ光に申し込む人なら誰でも利用可能です。

一旦ドコモ光が工事費無料だから試してみることに決まりましたわ

引用:X

実質無料でないのも隠れたメリット

工事費無料キャンペーンは他社でも度々行われていますが、ドコモ光のようにいきなり無料となるのは珍しいです。分割割引を行う実質無料のケースが目立ちます。

実質無料の例

初月 2ヵ月目 3~37カ月
工事費 1,230円 1,222円
工事費割引 -1,230円 -1,222円

上記の例だと3年かけて工事費を無料にする内容となっており、途中解約すると残債が一括請求されます。そのため、分割割引による実質無料は契約縛りとも言えるのです。

対してドコモ光は、分割割引による実質無料ではなく完全無料となっています。

フレッツ光より月額料金が安い

光回線サービスとして最も知名度の高いフレッツ光。ドコモ光に乗り換えると月額料金が大きく下がります。

フレッツ光とドコモ光の料金比較

フレッツ光 ドコモ光
マンション 4,345円(東日本)
4,565円(西日本)
※別途プロバイダ料あり
4,400円
戸建て 6,270円(東日本)
5,830円(西日本)
※別途プロバイダ料あり
5720円

ご覧の通り、料金差は歴然。フレッツ光は上記の料金に加えてプロバイダ料もかかるため、もっと料金差は広がります。

対して、ドコモ光はプロバイダ込の料金なので格安。スマホセット割を活用すれば、さらに1,100円安くなります。

光回線は毎月使うので1年、2年・・と続けば、その差は大きく広がります。

フレッツ光とドコモ光は同じ回線を使用

参考までに、フレッツ光とドコモ光は同じ回線を使用しています。ドコモ光は、フレッツ回線を利用する光コラボ事業者だからです。

光コラボとは

そのため、ドコモ光を選べば回線の品質は同じで料金だけ安くすることが可能です。

フレッツ光から乗り換えは簡単

もしフレッツ光からドコモ光に乗り換えるなら、同じ回線を使用しているため簡単な手続きで転用OK。工事は不要で解約金もかかりません。

光回線の契約先を変えるのは腰が重たいかと思いますが、フレッツ光を契約している人ならドコモ光へすぐに移行できますよ。

通信速度が安定している

ドコモ光は通信速度に対して遅いとの口コミもありますが、逆に安定していて速いとの声を多く挙がっています。回線の品質はNTT提供のフレッツ光と同じなので安定感があります。

口コミでは800Mbps超えを記録した人もいました。

遅いときでも常に80Mbps超えをキープしており、突然使い物にならなくなることがありません。

ドコモ光 IPv6接続 IPoE(v6プラス)の測定結果 プロバイダ: GMOとくとくBB Ping値: 7.16ms 下り速度: 806.67Mbps(超速い) 上り速度: 401.0Mbps(非常に速い)

引用:X

通信速度は年々速くなっている

ドコモ光の通信速度は年々速くなってきています。筆者が最初に記録を取った2019年頃は平均178Mbpsでした。しかし現在は、平均250~300Mbpsくらいまで速くなっています。

通常はユーザー数が増えるにつれて回線混雑により速度低下しますが、回線増強などの成果により速度はむしろ上昇傾向です。

dカード GOLDユーザーは10%還元

dカード GOLDとは、ドコモが発行するクレジットカードのことです。通常の買い物で、1%の高還元率でdポイントが貯まります。

ドコモ光なら還元率が10%に。実質10%引きでドコモ光を契約できます。

また、dカード GOLDはドコモ光のほかドコモ携帯も10%還元の対象です。

注意点として、dカード GOLDは11,000円の年会費がかかるので無理に新規発行しなくて構いませんが、ドコモサービスのポイント還元だけでも元を取れるほどのインパクトがあります。

既にdカード GOLDユーザーなら、ドコモ光はファーストチョイスにすべきです。

光コラボから乗り換えまたはフレッツ光の設備ありなら工事不要

他の光コラボ(フレッツ光含む)からドコモ光へ乗り換える場合、工事なしですぐに利用できます。ドコモ光はフレッツ光回線を利用する光コラボの1つです。

すでにフレッツ光や光コラボを利用している場合は設備をそのまま使えるので、ドコモ光へ乗り換える際に工事をする必要がありません。

現在光コラボやフレッツ光を使っていなくても、フレッツ光の設備が設置されている建物の場合は同様に工事が不要です。

開通工事が不要になれば工事費がかかりませんし、ドコモ光を申し込んでからすぐに利用開始できます。

支払額に応じてdポイントが貯まる

ドコモ光を利用すると、利用料金1,000円(税抜き)につき10ポイントのdポイントが貯まります。

例えば戸建てで1ギガタイプAを利用すると月額料金が5,720円(税抜きだと5,200円)なので、毎月50ポイント貯まる計算です。

ドコモが発行するゴールドカード「dカード GOLD」を持っている場合は利用料金1,000円(税抜き)につき10%のポイント還元を受けられます。

戸建てで1ギガタイプAを利用している人は毎月500ポイント、1年間で6,000ポイント還元です。

ただしポイント還元の対象となるのは月額料金のみで、事務手数料や工事費は対象になりません。

NTT回線の利用で提供エリアが全国

ドコモ光は全国の幅広いエリアで利用できます。NTTが提供するフレッツ光回線を利用する光コラボなので、提供エリアはフレッツ光と全く同じです。

フレッツ光は47都道府県で利用できるので、auひかりやNURO光といった独自回線系の対応エリア外に住んでいる人でも使えますよ。

なお、全国で提供されているのはドコモ光1ギガです。最大10Gbpsの速度に対応するドコモ光10ギガは対応エリアが限られているので注意しましょう。

ドコモ光10ギガの対応エリアはドコモ光 10ギガの公式サイトからチェックできます。事前に対応エリアをチェックした上で申し込みましょう。

高額キャッシュバック付きのプロバイダを選べる

高額なキャッシュバックがもらえるプロバイダを選べるのも、ドコモ光のメリットです。ドコモ光のプロバイダはタイプAだと18種類、タイプBだと6種類も用意されています。

各プロバイダが独自のキャンペーンを実施しており、なかには高額なキャッシュバックを実施しているプロバイダも少なくありません。

キャッシュバックがお得なプロバイダを選べば、他の光回線よりもお得に利用できます。

最もお得なプロバイダはこちらで解説

v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料レンタルできる(プロバイダ特典)

ドコモ光の一部プロバイダでは、v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる特典が用意されています。

v6プラスはドコモ光でIPv6接続が可能になるサービスです。IPv6は次世代の接続方式で、従来のIPv4より混雑しにくく通信が安定すると言われています。

ドコモ光でv6プラスを利用するには、v6プラス対応のWi-Fiルーターが必要です。

GMOとくとくBBやOCN、BIGLOBEなど一部のプロバイダでは、v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

対応ルーターを持っていない人でも、別途購入する必要はありません。

大手運営で最も選ばれている光回線

ドコモ光は大手が運営する光回線のなかでもっとも選ばれているサービスです。

総務省が2023年に発表した「電気通信事業分野における市場検証(令和4年度)の結果(概要)」によると、ドコモ光は2023年3月時点で19.5%のシェアを誇ります。

これはNTT東日本/西日本やソフトバンク、KDDIなどを抜いて国内首位です。ドコモ光は数多くのユーザーから選ばれている、優秀な光回線と言えます。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

注意したいドコモ光のデメリット

デメリット
  1. サポートが繋がりにくい
  2. 通信速度がトップクラスではない
  3. 時期によって工事が遅い
  4. 解約金がかかる場合がある
  5. ahamo・irumo0.5GBはセット割対象外
  6. プロバイダの選択肢が豊富で選ぶのが大変
  7. ドコモユーザー以外は割高になる
  8. 公式申し込みはキャッシュバックが少ない

サポートが繋がりにくい

ドコモ光は、増え続けるユーザー数に対してサポート(問い合わせ)が追いついていない傾向があります。

ドコモは何でもサポートしてくれるイメージがあるせいか、些細なことでもユーザーが問い合わせしてしまうのが混雑の原因かと思われます。

とくに酷いのが土日の対応。全然繋がらないので、かなりイライラします。

平日の午前中など空いている時間なら大丈夫なのですが、土日祝はサポート対応には期待できません。

ドコモ光のサポートは、全然繋がらない。

引用:X

LINEかチャットボットでも問い合わせ可能

電話が繋がりにくいときは、LINEまたはチャットボットを利用するのも一つの手です。LINEなら気軽に質問できますし、オペレーターに繋がります。

ドコモ光のサポート

LINEサポートあり

また、一般的な質問ならAI対応にはなりますが、チャットボットを利用するのもいいでしょう。

通信速度がトップクラスではない

口コミで度々見かけるのが、ドコモ光は遅いとの指摘。確かに、ドコモ光はすべての光回線の中で最速ではありません。

ドコモ光より速い光回線

主要な光回線サービスの中でドコモ光の速度は中の上あたりに収まります。

ただ、光回線の速度は200Mbpsを超えていたら十分に合格点です。平均250Mbpsのドコモ光なら、日常的な用途で困ることは何もないでしょう。

MEMO
トップクラスの速度にこだわるならNURO光がおすすめ

今ドコモ光使ってるけど90Mbps前後で頭打ちっぽい。流石にもう少し速い方がいいんだけど、光コラボ抜けるの手続きが面倒くさそうなんだよなぁ。

引用:X

v6プラスで速度は改善される

ドコモ光の速度を向上させたいなら、v6プラスの利用がおすすめです。v6プラスとは、従来のPPPoE接続と比べて回線混雑を緩和する接続方式のことです。

v6プラス

v6プラス

こちら、v6プラスを利用したときのドコモ光の通信速度です。

ドコモ光の平均速度

参照元:GMOとくとくBB

平均342Mbpsとかなり速い記録が出ています。

POINT
v6プラスはオプション扱いが普通だが、プロバイダで「GMOとくとくBB」を選べば無料で利用可能

時期によって工事が遅い

ドコモ光の工事は、繁忙期に重なるとまったく進みません。こちらも人気の裏返しで、ユーザー数が多すぎるゆえのデメリットです。

1ヶ月で開通できるなら良いほうで、引越しシーズンの3月~5月は2ヶ月以上待つこともあります。

長期間ネット環境が無くなっては困る方は、レンタルWi-Fiなどでやり過ごすほかありません。

MEMO
フレッツ光や光コラボからの乗り換え(事業者変更)なら工事は不要

webからドコモ光を契約して工事の事前調査に1ヶ月事前調査から工事日決まりましたらご連絡致しますと言われてから1ヶ月一切連絡がきません

引用:X

工事の立ち会いはすぐに終わる

ドコモ光の工事内容は、光ケーブルの引き込みが主です。

アパート・マンションは既に設備が整っているケースが多く、ほぼ工事をすることなく回線の接続状況をチェックするだけで終わることもあります。

戸建ての場合は、エアコンダクトなどを通して光ケーブルを引き込むため時間が少しかかりますが、それでも1時間位で終わることがほとんどです。

解約金がかかる場合がある

ほぼすべての光回線に共通のデメリットですが、2年定期契約の場合はサービス解約時に解約金が発生します。ドコモ光の解約金は以下の通りです。

解約金

  • 戸建:5,500円
  • マンション:4,180円

※2022年6月30日以前に契約した人の解約金は、戸建て14,300円・マンション8,800円

解約金の相場としては普通です。

なお、2年ごとに訪れる更新月(最初は24~26ヶ月目)なら解約金なしで契約解除することが可能です。更新月はMy docomoからいつでも確認できます。

ahamo・irumo0.5GBはセット割対象外

ドコモの格安プランである「ahamo」およびirumoの0.5GBプランはドコモ光セット割の対象外です。

ドコモの対象スマホとドコモ光をセットで利用すると、ドコモ光セット割によってスマホ代が毎月1,100円割引されます。

ドコモ光セット割の対象となるのはeximoおよびirumoの3GB/6GB/9GBプランのみです。

ahamoユーザーおよびirumoの0.5GBプラン契約者は、ドコモ光を契約してもセット割が適用されないので注意してください。

なお、ahamoユーザーには専用の光回線「ahamo光」が用意されています。ドコモ光と同じ光コラボの1つで、月額料金が戸建てなら4,950円、マンションなら3,630円です。

基本の月額料金がドコモ光より安いので、ahamoユーザーはahamo光も検討してください。

プロバイダの選択肢が豊富で選ぶのが大変

ドコモ光はプロバイダがタイプAで18種類、タイプBで6種類と非常にたくさんあります。

自分に合ったプロバイダを自由に選べるメリットがある一方で、種類がありすぎて選ぶのが大変なのがデメリットです。

基本の月額料金やサービス内容はどのプロバイダを選んでも同じですが、月額料金割引やキャッシュバックといったキャンペーンはプロバイダによって異なります。

どのプロバイダが自分にとってお得かを調べるのに、かなり時間がかかるでしょう。

本記事の後半ではおすすめのプロバイダも紹介しています。ドコモ光のプロバイダ選びに悩む場合は、ぜひ参考にしてください。

最もお得なプロバイダはこちらで解説

ドコモユーザー以外は割高になる

ドコモ光をドコモユーザー以外が利用する場合、他の光回線より割高になります。

ドコモユーザーならドコモ光セット割でスマホ代が割引されるため、ネット+スマホのトータル料金は他社よりお得です。

しかし、ネット単体で比較するとドコモ光は決して最安ではありません。

光回線 戸建て マンション
ドコモ光 5,720円 4,400円
フレッツ光 東日本 5,940円+プロバイダ料 3,355円+プロバイダ料
フレッツ光 西日本 4,730円+プロバイダ料 3,575円+プロバイダ料
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
auひかり 5,610円 4,455~5,500円
NURO光 5,200円 2,090~2,750円
楽天ひかり 5,280円 4,180円
ビッグローブ光 5,478円 4,378円
So-net光 6,138円 4,928円
eo光 5,448円 3,876円~

auやソフトバンクのスマホを利用している場合は、ドコモ光ではなくセット割がある他の光回線を選ぶのがおすすめです。

格安SIMなど光回線とのセット割がないスマホ会社を利用している場合も、ドコモ光より基本料金が安いNURO光やeo光などを選んだほうがお得になります。

公式申し込みはキャッシュバックが少ない

ドコモ光は複数の申し込み窓口がありますが、公式サイトはあまりおすすめではありません。

2024年2月現在、公式サイトでは最大35,000円相当のキャッシュバック(dポイント還元)が実施されています。

現金ではなくdポイントなので使い道が限られますし、他の窓口に比べると金額も低めです。

ドコモ光をお得に申し込むなら、公式以外のプロバイダや代理店を活用しましょう。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

【総合評価】ドコモ光がおすすめな人・おすすめでない人

実際の体験とユーザーの評判・口コミからドコモ光がおすすめな人・おすすめでない人を以下にまとめました。

おすすめな人

  • ドコモスマホを契約している人
  • フレッツ光は高いと感じる人
  • 工事費が完全無料の光回線を探している人

 

おすすめでない人

  • au・ソフトバンクのセット割を適用したい人
  • 最速の光回線を探している人

ドコモ光を最もおすすめできるのは、ドコモユーザーの人です。離れた家族にも適用できるセット割が強力で、利用しない手はありません。

ドコモ光は、NTTの回線網を使う光コラボ事業者でシェアトップを走ります。人気の理由は、速度の安定性とサービス品質の高さが要因でしょう。

全体的に、ドコモ光は安心して申し込める光回線サービスであり非常におすすめです。今なら工事費無料で申し込むことができますよ。

\最大10万円キャッシュバック&工事費無料/

【2024年2月】ドコモ光の一番お得な契約窓口(プロバイダ)とは?

ドコモ光では回線を繋ぐプロバイダ契約が必須となります。

光回線のプロバイダとは

結論から言うと、最もお得なのはGMOとくとくBBです。

どの契約窓口でもドコモ光本家のサービス内容は変わりませんが、プロバイダ独自の特典内容が異なります。GMOとくとくBBを最もおすすめできる理由は、

  • 最高額のキャッシュバックを受け取れる
  • 最高の通信速度を実現できる

の2点が非常に魅力的です。また、次点としてNNコミュニケーションズもおすすめできます。

GMOとくとくBB ※おすすめ

GMOとくとくBBはドコモ光の正規プロバイダの1つです。独自のキャンペーンを多数実施しており、ドコモ光公式よりもお得に申し込めます。

GMOとくとくBBのドコモ光キャンペーン

  • ドコモ光と映像サービス申し込みで最大65,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換えで15,000円追加キャッシュバック
  • 10ギガプラン申し込みなら追加で20,000円キャッシュバック
  • 訪問サポートが無料
  • v6プラス対応の高性能ルーターのレンタル料が無料
  • マカフィー マルチアクセスが1年無料
  • 工事費無料(公式キャンペーン)
  • 2,000円相当のdポイントプレゼント(公式キャンペーン)

GMOとくとくBBからドコモ光と映像サービスを同時に申し込むと、最大65,000円のキャッシュバックがもらえます。

申込区分 特典金額
ドコモ光のみ 10,000円
ドコモ光+Leminoまたはdアニメストア 12,000円
ドコモ光+DAZN for docomoまたはスカパー!
(1,800円以上の商品)
15,000円
ドコモ光+ひかりTV(2年割) 18,000円
ドコモ光+ひかりTV(2年割)+DAZN for docomo 35,000円
ドコモ光+Lemino+ひかりTV(2年割)+DAZN for docomo 64,500円

連絡希望日時を平日14~17時に指定した場合、特典金額が500円増額されます。キャッシュバック額は最大で合計65,000円です。

これだけのキャッシュバックをもらえるのは大きな魅力と言えます。オプションを一切つけない場合でも、最低10,000円が貰えるのは嬉しいポイントです。

他社からドコモ光へ乗り換える際に違約金が発生した場合、キャッシュバック額がさらに15,000円増額されます。対象となるのは解約金や撤去費用、回線工事費の残債などです。

ドコモ光10ギガプランを申し込むとさらに20,000円のキャッシュバックがもらえます。すべての条件を満たすと、キャッシュバック額は合計10万円です。

注意点として、キャッシュバックを受け取るには開通月を含む4ヶ月目に届く案内メールの指示に従い、振込口座を登録する必要があります。

それまでにドコモ光を解約したり、案内メール送信日の翌月末日までに手続きしなかったりすると、キャッシュバックを受け取れません。

GMOとくとくBBはキャンペーンがお得な分だけ、適用条件も複雑です。しっかりと注意事項や条件を把握したうえで申し込みましょう。

工事費や他社の違約金負担もない

特に嬉しいのが工事費(19,800円)の全額無料。面倒な適用条件はありません。

また、現在契約中の光回線を解約するときにかかる違約金も、GMOとくとくBBが負担してくれます。

その他、訪問サポートやセキュリティソフトが無料で使えるのも心強いです。無線接続したい場合は、高性能なWi-Fiルーターを無料レンタルできます。

申し込みから開通までの流れ

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取るには、キャンペーンサイトを通してドコモに光に契約する必要があります。

申し込みは2分かからず終わります。以下、詳しい手順です。

申込から開通の流れ

  1. GMOとくとくBBのキャンペーンサイトにアクセス
  2. 「お申込み」をタップ
  3. 契約者情報を入力
  4. 確認の電話で工事日程を決める
  5. 工事日に立ち会って開通

お申し込みボタン

お申込みボタン

以上で完了です。キャッシュバック特典は自動で適用されるので安心して下さい。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る

NNコミュニケーションズ

ドコモ光の正規代理店であるNNコミュニケーションズでも、お得なキャンペーンが実施されています。

NNコミュニケーションズのドコモ光キャンペーン

  • 最高20,000円キャッシュバック
  • 最高17,000円相当のdポイントプレゼント(公式キャンペーン)
  • 工事費無料(公式キャンペーン)

NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込むと、1ギガプランは10,000円、10ギガプランは20,000円のキャッシュバックがもらえます。

オプションへの加入など、複雑な条件はありません。しかも、振込は最短で課金開始月の翌月末とスピーディです。

さらにドコモ公式キャンペーンによりdポイントももらえます。1ギガプランなら2,000円相当、10ギガプランなら17,000円相当です。

特典総額ではGMOとくとくBBに劣るものの、オプション加入が不要で受け取り手続きも必要ありません。

確実にキャッシュバックを受け取りたい人には、NNコミュニケーションズがおすすめです。

ドコモ光の公式キャンペーン(プロバイダ特典と併用可能)

ドコモ光では公式でもキャンペーンを実施しています。

ドコモ光の公式キャンペーン

  • 工事費無料
  • dポイントプレゼント
  • 他社の違約金負担

上記のキャンペーンはいずれもプロバイダや代理店の特典と併用できます。

工事費無料

ドコモの1ギガまたは10ギガを新規で申し込むと、工事費が無料になるキャンペーンです。通常、ドコモ光を申し込む際は戸建てで19,800円、マンションで16,500円の工事費がかかります。

ドコモ光を新規で申し込み、申し込み月を含む7ヶ月以内に利用開始すれば、本キャンペーンにより工事費が無料です。

他の光回線では工事費相当額だけ月額料金を割り引く「実質無料」キャンペーンを実施していますが、この場合は途中で解約すると工事費の残債を請求されます。

ドコモ光の場合は一括で工事費が無料になるので、途中で解約しても工事費の残債を請求されません。

dポイントプレゼント

ドコモ光を申し込むとdポイントがもらえるキャンペーンです。もらえるポイント数や条件は、申し込み窓口によって異なります。

例えばGMOとくとくBBの場合、1ギガプランを申し込むと2,000円相当のポイントをもらえますが、10ギガプランではもらえません。

NNコミュニケーションズの場合、1ギガプランでは2,000円相当、10ギガプランでは17,000円相当のdポイントがもらえます。dポイントの進呈タイミングは利用開始月の4ヶ月後です。

もらえるポイントは通常のdポイントではなく「dポイント(期間・用途限定)」なので、有効期限と使えるサービスが限られています。

有効期限が切れて失効する前に、使い切ってしまいましょう。

他社の違約金負担

他社からドコモ光へ乗り換える際に違約金が発生する場合、最大25,000円相当のdポイントが還元されるキャンペーンです。

1ギガプランだと11,000ポイント、10ギガプランだと25,000ポイントを上限に違約金相当額のポイントを還元してくれます。本キャンペーンの適用条件は以下の通りです。

適用条件

  • ドコモ光を新規で申し込み、申し込み月含む「7か月以内」に利用開始していること
  • 利用開始月の「4ヶ月後の月末」時点で、他社解約時に発生する違約金の金額を確認できる証明書を、指定の方法で提出していること
  • 利用開始月の「4ヶ月後の月末」時点でもドコモ光を契約中で、契約者がdポイントクラブ会員であること
  • ドコモ光の申し込み時に、他社サービスを利用中であること

ドコモ光の申し込み時典で他社サービスを解約している場合、特典が適用されません。ドコモ光を申し込んでから解約するようにしましょう。

また、特典を利用するには以下の情報が記載された証明書の提出が必要です。

  • 他社サービスの契約情報(サービス名称など)
  • 契約者氏名
  • 解約月
  • 「解約金/撤去工事費/端末残債」の項目および金額

できるだけ早く書類を準備し、期日までにアップロードしましょう。すべての条件を満たすと、ドコモ光の利用開始から6ヶ月後に特典のdポイントが付与されます。

 

申し込みから開通まで!ドコモ光の契約手順

ドコモ光の契約手順は以下の通りです。

  1. 提供エリアを確認する
  2. 希望の窓口からドコモ光に申し込む
  3. 工事日を調整する
  4. 開通工事に立ち会う
  5. インターネットの初期設定を行う

各項目について、詳しく解説していきます。

手順1:提供エリアを確認する

まずはドコモ光の提供エリアを確認しましょう。ドコモ光はフレッツ光回線を利用しており、全国で利用できます。

それでも住んでいる場所によっては使えないこともあるので、必ず申し込み前に提供エリアをチェックしてください。

ドコモ光の提供エリアはNTT東日本またはNTT西日本の公式サイトから確認できます。

郵便番号を入力し、住所を選択してください。例えばNTT東日本の場合、「ご指定の住所は光アクセスサービスの提供エリアです」と表示されれば、ドコモ光を利用できます。

手順2:希望の窓口からドコモ光に申し込む

提供エリアの確認ができたら、ドコモ光を申し込みましょう。ドコモ光の申し込み窓口は大きく3つあります。

  • 電話
  • オンライン
  • 店頭(ドコモショップ/d garden)

基本的には正規プロバイダであるGMOとくとくBB、もしくは正規代理店であるNNコミュニケーションズからオンラインで申し込むのがおすすめです。

24時間いつでも申し込みでき、お得なキャンペーンも利用できます。

ドコモ光×GMOとくとくBBの申込み手順

プロバイダはGMOとくとくBBが最もお得であると分かっても、実際どうやって申し込めばいいのか分かりませんよね。

ドコモ光とプロバイダは別々に契約するの?と疑問に思うかもしれません。しかしご安心を。契約窓口は1箇所で済みますし、申込みは5分以内に終わります。

以下、詳しい申込み手順です。

STEP.1
GMOとくとくBB×ドコモ光の公式サイトにアクセス
STEP.2
お申し込みボタンをタップ

お申し込みボタン

STEP.3
アンケートに答える

アンケートに答える

設問は3つだけなのですぐに終わります。アンケートに答えたら「次に進む」をタップしましょう。

STEP.4
名前・住所・電話番号などを入力する

名前や住所の入力

STEP.5
最終確認して「申し込む」をタップ

申し込む

以上で完了です。キャッシュバックやルーター無料レンタルの特典は自動適用されるので、クーポンの入力などは不要です。

手順3:工事日を調整する

ドコモ光の申し込み後、申し込み内容確認の電話がかかってきます。そこで開通工事の日程を調整しましょう。

ドコモ光の開通工事は立ち合いが必要なので、うまくスケジュールを調整してください。

転用・事業者変更で申し込む場合や、設備導入済みのマンションに住んでいる場合は開通工事が実施されないこともあります。

その場合の手続きについても指示があるので、申し込み内容確認の電話には必ず出ましょう。

また、開通工事までに「開通のご案内」など、ドコモ光の利用に必要な書類も届きます。こちらも忘れずに受け取ってください。

手順4:開通工事に立ち会う

事前に予約した日時に開通工事を実施します。工事は基本的に工事担当者が実施しますが、立ち合いが必要です。

工事の際に回線の差し込み口が家具などで隠れていると工事ができません。事前に家具を移動するなどの準備をしておきましょう。

ONUやルーターの設置場所もあらかじめ決めておくと、工事がスムーズに進みます。

手順5:インターネットの初期設定を行う

開通工事が終わったら、インターネットの初期設定を実施しましょう。ルーターやパソコンなどを接続し、設定をすればドコモ光の利用を開始できます。

初期設定は原則自分でしないといけません。ただし、プロバイダによっては初期設定サポートを無料で受けられる特典が用意されています。

どうしても自分で初期設定できないときは、初期設定サポートを利用しましょう。

補足:事業者変更なら工事は不要

すでにフレッツ光や他の光コラボを利用している人が転用・事業者変更でドコモ光に乗り換える場合は設備をそのまま使えるため、開通工事が不要です。

その代わりに、フレッツ光から乗り換える場合は「転用承諾番号」、他の光コラボから乗り換える場合は「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

ドコモ光を申し込む前に、現在利用中の事業者から取得しておきましょう。

フレッツ光や他の光コラボから切り替える際に、現在のプロバイダがドコモ光とも提携している場合は同じプロバイダを継続できます。

その場合はドコモ光へ切り替える際の初期設定も不要です。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る

GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックを確実に受け取る方法

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、以下の手順で受け取ります。

キャッシュバックの受け取り方

  1. 案内メールを受け取る
  2. 口座情報を指定して受け取り

それぞれ詳しく見ていきましょう。

手順1:案内メールを受け取る

無事、申し込みが終わり開通したら、あとはキャッシュバックの案内メールを待つだけ。注意点として、案内メールはGMOのメールアドレス(@point.gmobb.jp)に届きます。

GMOのメールアドレスは無料で付与されますが、ほとんどの方が利用しないでしょう。

そこで、キャッシュバックの案内メール(件名キャッシュバック特典について~と届く)を絶対逃さないために、以下の方法を利用しましょう。

メールを逃さない方法1:メール転送をかける

GMOとくとくBBのマイページ(BB navi)から普段お使いのGmailやYahoo!メールなどに転送をかけられます。

転送設定の手順

  1. BB navi(マイページ)にログイン
  2. 「メールの転送設定」をタップ
  3. 転送先のメールを入力

GMOとくとくBBのメルマガを読みたくない場合は、メルマガ通知のみOFFにできます。

メールを逃さない方法2:リマインダーをかける

予定の日になったらお知らせしてくれるリマインダー。WEBサービスやアプリなど様々な種類があります。

おすすめのリマインダーはGoogleカレンダーかiPhoneの標準リマインダーです。Googleカレンダーは、未来の日付に予定を入力してリマインダーをタップすればOK。

Googleカレンダーのリマインダー

Googloeカレンダーのリマインダー

iPhoneは標準搭載のリマインダーを立ち上げて、予定日を入力するだけです。

iPhoneのリマインダー

iPhoneのリマインダー

なお、リマインダーに入れる日付は、開通月から4ヶ月目に設定しておきましょう。「今月キャッシュバックあり!」などのコメントを入れておくと万全です。

その他、何らかの原因でリマインダーアプリが動かなかったときに備えて、壁掛けのカレンダーに印を付けておくのもおすすめです。

手順2:口座情報を指定して受け取り

キャッシュバックの案内メールを確認できたら、メール内の指定URLをタップ。その先のページで、振込先の銀行口座を登録して下さい。

ゆうちょ銀行やネット銀行も指定可能です。登録完了後、翌月末にキャッシュバックが自動振り込みされます。

POINT
銀行口座の登録が終わったら振込申請完了のメールが届く

キャッシュバックはいつ貰える?

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、最短5ヶ月で受け取れます。通信業界のキャッシュバックは13ヶ月待ちなどザラなので、GMOとくとくBBはなかなかのスピード振込です。

キャッシュバックを貰えるタイミング

  1. 開通月を含む4ヶ月目に案内メールが届く
  2. 手続き完了月の翌月末に振込
例:3月に開通した場合
  • 7月(4ヶ月後)に案内メールが届く
  • 7月中に手続き完了
  • 8月末に振込

キャッシュバックは契約後すぐに申請できるわけではありません。キャッシュバックが振り込まれる前に、必ず事前のメール案内が届きます。

このメール案内にしたがって、申請手続き(振込先の銀行口座の登録)を行います。申請が終わったら、あとは自動で振り込まれるのを待つだけです。

GMOとくとくBBから案内メールが来ない原因と対処法

GMOとくとくBBからキャッシュバックのお知らせメールが来ない・・そんな悲鳴が一部の口コミで見られました。

原因は99%、GMOのメールアドレスを確認していないからでしょう。メールが来ないのではなく、確認方法のミスですね。

メールを受け取れない一番の原因
GMOのメールアドレスではなく、普段使っているメールサービスでチェックしていた

対処法は言うまでもなく、GMOのメールボックを確認すること。メールの転送設定をしていない場合は、GMOのWebmail Systemから確認できます。

その他の原因として考えられるのは、以下の通りです。

その他の考えられる原因

  • ドコモ光を解約した
  • 既に別プロバイダでドコモ光に契約していた
  • 料金の滞納がある

いずれも当てはまっていないことを確認しましょう。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る

引っ越しでドコモ光を利用する方法

ドコモ光は引っ越し(移転)手続きをすることで、引っ越し先でも継続して利用できます。ただし、継続利用するためには条件があるほか、工事費などがかかるので注意してください。

利用条件と手続きの手順

ドコモ光を移転先でも利用するためには、移転先もドコモ光の提供エリアでないといけません。

新規申し込みの時と同様に、NTT東日本またはNTT西日本の公式サイトから提供エリアを確認しておきましょう。

ドコモ光の引っ越し(移転)手続きはオンライン、電話、ドコモショップ/d gardenのいずれかから選べます。オンラインで移転手続きをする流れは以下の通りです。

  1. ドコモオンライン手続きで必要な情報を入力する
  2. 翌日以降の指定した時間にオペレーターから電話連絡がかかってくる
  3. ドコモ光サービスセンターから工事日調整の電話がかかってくる
  4. 引っ越し先で開通工事が実施される
  5. 自身でルーターやパソコンなどの初期設定を実施する

最初にドコモオンライン手続きで必要な情報(引っ越し先の設置住所、住居タイプ、引っ越し予定日など)を入力します。あとは新規契約の時とさほど変わりません。

引っ越し先でも開通工事が必要なので、スケジュールを調整しましょう。なお、以下に該当する場合はオンラインで移転手続きできません。

オンラインで移転手続きができない

  • 「ドコモ光 10ギガ」の人
  • 料金プランが「ドコモ光 ミニ」の人
  • 移転先で「ドコモ光 タイプC」を利用する人
  • 同一住所内で「ドコモ光」の移転を希望する人
  • ドコモ光でほかのお手続きが完了していない方

オンラインで手続きできない場合は、電話もしくはドコモショップ/d gardenから手続きしてください。

必要な費用

ドコモ光を移転する際は2,200円の移転事務手数料と工事費が必要です。工事費は引っ越し先のタイプおよびエリアによって異なります。

引っ越し先のエリア 戸建て マンション
同じエリア内での引っ越し
(NTT東日本内・NTT西日本内)
9,900円 8,250円
違うエリアへの引っ越し
(NTT東日本内⇔NTT西日本内)
19,800円 16,500円
派遣工事なし 2,200円 2,200円

NTT東日本エリア・NTT西日本エリアを跨いで引っ越す場合は、新規契約時と同じ工事費がかかります。移転の場合は工事費が無料になるキャンペーンもないので注意しましょう。

なお、ドコモ光の引っ越し(移転)を申し込むと、2,000円相当のdポイントをもらえるキャンペーンを実施しています。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る

ドコモ光の解約方法

ドコモ光を解約手順は以下の通りです。

  1. 電話かWEBで解約申請を行う
  2. 撤去工事を行う
  3. レンタル品を返送する

手順1:電話かWEBで解約申請を行う

まずは電話かWEBで解約申請してください。おすすめはWEBです。メンテナンス時を除き、24時間いつでも解約できます。

電話の場合はドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)へ電話してください。受付時間は午前9時~午後8時で、通話料は無料です。

ドコモ光の解約申請をすると、基本的にはプロバイダも自動解約されます。ただし、プロバイダによっては有料プランまたは無料プランへ自動的に変更されるので注意しましょう。

プロバイダごとの注意点についてはプロバイダご利用にあたっての注意事項からチェックしてください。

手順2:撤去工事を行う

解約申請が終わったら撤去工事です。ドコモ光では撤去工事が原則実施されず、光コンセントや配線はそのまま残ります。

ただし、以下のケースに該当する場合は撤去工事をしてもらえます。

  • 建物の取り壊しにともない、引込部分の撤去が必要な場合
  • 賃貸物件で戸建てタイプを利用し、管理会社や管理人から原状復旧を希望された場合

解約申請する際に撤去工事が必要な旨を伝えましょう。

手順3:レンタル品を返送する

最後にONU、ホームゲートウェイなどのレンタル品を返送しましょう。

解約申請後、自宅に回収キットが届きます。回収キット内に返却リストが同封されているので、確認したうえで返送してください。

機器本体だけでなく、電源アダプタなどの付属品も忘れずに返却しましょう。なお、撤去工事がある場合は工事当日に担当者が回収してくれます。

すぐにネット回線が欲しいならドコモhome5G(ホームルーター)も検討したい

ドコモ光を契約する際は開通工事が必要になるため、申し込んでから利用できるまで数週間~1ヶ月ほどかかります。

すぐにネット回線が必要なら、ドコモのホームルーターサービス「home 5G」も検討しましょう。

項目 ドコモ光 home 5G
最大通信速度 最大10Gbps 最大4.2Gbps
実行速度※ 下り:259.59Mbps
上り:276.73Mbps
下り:158.31Mbps
上り:18.48Mbps
回線タイプ 光回線 モバイルデータ回線
データ容量 無制限 無制限
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
10ギガ:6,380円
4,950円
本体代 無料 71,280円
※月々サポートで実質無料
開通工事 必要 不要
契約期間 2年 なし
違約金 戸建て:5,500円
マンション:4,180円
101ギガ:5,500円
なし
光電話 利用可 利用不可

※2024年2月時点におけるみんそくのデータ

最大の違いは開通工事の有無です。home 5Gはモバイルデータ通信(ドコモ回線)を利用してインターネットに繋がるため、開通工事をする必要がありません。

ルーターをコンセントに挿すだけで、すぐにインターネットに繋がります。

通信速度・安定感では光回線であるドコモ光に敵いませんが、それでも下りの平均速度は150Mbps以上です。動画視聴やテレワーク(ビデオ会議)なども快適にこなせますよ。

データ通信を無制限に使えて、月額料金は4,950円です。本来は71,280円の本体代がかかりますが、3年間利用すると「月々サポート」で端末代が実質無料になります。

とにかく早くインターネット環境を整えたい人、賃貸などに住んでいて開通工事ができない人は、home 5Gを検討してみてください。

ドコモhome5g ドコモのホームルーター「home5G」の評判は悪い?【自宅で使う工事不要の置き型Wi-Fi】

ドコモ光に関するよくあるQ&A

最後に、ドコモ光に関するよくある質問をまとめました。

テレビサービスはある?

ドコモ光では、2つのテレビサービスを利用できます。

2つのテレビサービス

ドコモ光テレビオプション ひかりTV for docomo
オプション料金/月 825円 2,750円
チャンネル内容 地デジ
BS
専門チャンネル(70ch以上)
ビデオオンデマンド
dTV

とりあえず基本的なテレビサービスをアンテナ不要で視聴したいなら、ドコモ光テレビオプションがおすすめです。

月額825円で地デジとBSを視聴OK、別途料金を支払えばCS放送も見られます。

豊富なコンテンツを安価に楽しみたいなら、ひかりTV for docomoがおすすめです。 こちらは、通常3,850円のひかりTVサービスを2,750円で楽しめます。

さらに、追加料金無しで月額550円のdTVも特典として視聴可能です。

電話サービスはある?

ドコモ光では、光回線を使用したドコモ光電話を月額550円で利用できます。現在の電話番号や電話機はそのまま使用OK。

NTT加入電話の月額料金は1,540円~となっているため、月額550円のドコモ光電話に切り替えれば毎月1,000円ほどの節約が可能です。

通話料は、全国一律8.8円(3分あたり)で通話品質も良好です。

契約途中で引っ越しするとどうなる?

ドコモ光契約中に引っ越しする場合は、手続きを行えば継続利用が可能です。ただし、引っ越しに伴う移転事務手数料と工事費が発生するので気を付けましょう。

引っ越しの際の費用

戸建て マンション
移転手数料 2,200円
工事費 9,900円 8,250円

注意点として、東日本から西日本(またはその逆)で引っ越しすると、工事費が2倍かかります(戸建ては19,800円、マンションは8,250円)。

なお、現在はドコモ光お引越し(移転)特典として5,000ポイントのdポイント還元が受けられます。実質的な支払額は、上記金額から-5,000円と考えて差し支えありません。

ネット回線が繋がらないときの対処方法は?

ドコモ光が繋がらなくなったときは、まず公式サイトから通信障害が起きていないか確認しましょう。通信障害が起きている場合、ユーザー側でできる対処法はありません。

障害が解消されるのを待ちましょう。通信障害が起きていない場合は、ルーターとONUの再起動で改善される可能性があります。

まずルーターのコンセントを抜いて電源をオフにしてください。その後、ONUのコンセントを抜いて電源を切ります。

LANケーブルがしっかり差さっていることを確認したら、ONU→ルーターの順にコンセントに挿し、電源を付けてください。多くの場合はこれで繋がるようになります。

ドコモ光の問い合わせ方法は?

ドコモ光の問い合わせ方法はチャット(おたすけロボット)、LINE、電話、店舗の4つです。

電話の場合は問い合わせ内容によって電話番号が異なります。詳細はドコモ光/ahamo光 | お問い合わせページを確認してください。

ドコモ光はLINEで問い合わせることも可能です。「ドコモ故障サポート」のアカウントを友だちに追加し、トーク画面から問い合わせましょう。

解約時の違約金はあるの?

2年定期契約の場合、更新期間以外のタイミングで解約すると戸建てタイプおよび10ギガタイプは5,500円、マンションタイプは4,180円の違約金がかかります。

契約満了月の当月・翌月・翌々月のいずれかのタイミングで解約する場合、違約金は不要です。また、定期契約なしのプランを利用している場合はいつでも違約金なしで解約できます。

プロバイダは変更できる?

ドコモ光では契約後にプロバイダを変更できます。ドコモオンライン手続き、電話、ドコモショップ/d gardenのいずれかから手続きしてください。

プロバイダ変更の際は3,300円の事務手数料がかかります(単独プランからタイプA/Bへ変更する際は無料)。

一人暮らしにおすすめできる?

ドコモ光は一人暮らしにもおすすめできます。一人暮らしをしている人の多くはマンション・アパートに住んでいるでしょう。

フレッツ光の設備が導入されているマンション・アパートなら、工事なしでドコモ光を利用可能です。開通工事を実施するよりスムーズですし、工事費もかかりません。

建物によっては開通工事が必要ですが、ドコモ光はキャンペーンにより工事費が一括で無料になります。

途中で解約しても工事費の残債が発生しないので、引っ越しが多い一人暮らしの人でも安心です。

また、ドコモのスマホを利用している場合はドコモ光セット割により、スマホ代が毎月1,100円割引されます。

家族割引は一人暮らしだと適用できないことがありますが、ドコモ光セット割は家族の人数に関係なく適用可能です。

開通までどれくらいかかる?

申し込みから利用開始まで、1ギガは2週間から1ヶ月程度、10ギガは1ヶ月半ほどかかります。

実際にかかる日数は申し込み状況や工事日をスムーズに決められるかによって異なり、繁忙期は1ヶ月以上かかることもあるようです。

いずれにせよ、できる限り余裕を持って申し込みましょう。

ドコモショップから申し込める?

ドコモ光はドコモショップおよびd gardenからも申し込めます。お近くのドコモショップ/d gardenへ行き、ドコモ光を利用したい旨を伝えましょう。

公式サイトから来店予約しておくと、スムーズに案内されますよ。

まとめ

ドコモ光は、手厚いセット割を適用できるドコモユーザーなら必ず利用したい光回線です。月額料金や通信品質に優れており、大手のNTTドコモ運営なので安心感もあります。

申し込みはオンラインで3分程度で終わります。現在は特典が一番豊富なGMOとくとくBBが契約窓口として最適です。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、ドコモ光の全プロバイダでトップの金額です。

満額を受け取るにはオプション契約が必要ですが、オプション無しでも十分高額なキャッシュバックを受け取れます。

また、インターネット接続の混雑を緩和するv6プラスを無料で利用できるのも大きなポイント。

同じドコモ光でも、プロバイダでGMOとくとくBBを選べば最大限に通信速度が速くなりますよ。

最新の高性能Wi-Fiルーターを無料で貸し出してくれるので、別途ルーターを購入する費用も浮かせられます。

ドコモ光×GMOとくとくBBの要点まとめ

  • ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックは4ヵ月目に案内メールが届き、手続き完了月の翌月末に振り込まれる
  • キャッシュバックの適用条件は、キャンペーンページからドコモ光に申し込むだけでOK
  • キャッシュバックの案内メールが来ない場合は、GMOのメールアドレスを確認できないない可能性が高い

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ受け取れるのか気になるところですが、振込時期は5ヶ月目の月末が最短です。

4ヶ月目に案内メールが届くので見逃さないように注意しておきましょう。キャッシュバックの適用条件は、キャンペーンページから申し込むだけです。

GMOとくとくBBを通すだけで、通常申込では貰えない豪華なキャッシュバック特典を受け取れますよ。

GMOとくとくBBからドコモ光に新規契約で
\最大10万円キャッシュバック/

キャンペーンサイトを見る