光回線がマンション・アパートに導入済みか確認する方法!配線方式の違いまで徹底解説

マンションで光回線が使えるか確認する方法

マンションやアパートといった集合住宅で光回線を使うためには、光回線の設備が導入されている必要があります。

自由に申し込みができる戸建てと違い、マンション・アパートは設備が導入されている光回線を申し込まないといけません。

事前に光回線が使えるか確認しておかないと「入居してから光回線が使えないことを知った」なんて事態になりかねません。

建物によっては光回線が使えない、回線方式によっては速度が遅いなどマンションならではの注意点も多いです。

本記事ではマンション・アパートで光回線が使えるか確認する方法について解説します。マンションやアパートに住んでいる人や引っ越す予定の人は、ぜひ参考にしてください。

目次

賃貸マンション・アパートに光回線が導入済みかエリア検索で確認する方法

光回線を利用するためには、住んでいる(あるいは利用予定の)マンションに設備が導入されている必要があります。

各光回線の公式サイトから、設備が導入されているかどうかをチェックしてください。とりあえず、フレッツ光の導入があれば、ほとんどの光回線事業者に契約できますよ。

フレッツ光が導入済みのマンションでは、光コラボ(フレッツ光回線を利用したサービス)も契約できます。

 

フレッツ光より月額料金が安く、セット割やポイント還元など事業者ごとに独自の特典も用意されています。

 

代表的な光コラボ事業者

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • So-net光プラス
  • OCN光

光コラボとは

auひかりの確認方法

ドコモ光やソフトバンク光は光コラボ(フレッツ回線)なのですが、auひかりは独自回線なのでフレッツエリアとは異なります。

auひかりのマンション対応状況は以下の方法で調べましょう。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’auひかりの公式サイトにアクセス’]

>auひかりの公式サイトへ

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’郵便番号・住居タイプを入力’]

auひかりのエリア検索

郵便番号を入力し、住居タイプで「マンション・アパートなど」にチェックを入れたら「提供タイプと料金プランの確認」を押してください。

[/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’マンション一覧から対応状況を確認する’]

マンション一覧

住所を選択すると、その地域でauひかりマンションに対応している建物一覧が表示されます。その中に自分が住んでいるマンションがあれば利用可能です。

注意点として、auひかりはマンションによって利用できるプランが異なります。プランによって月額料金や通信速度が異なるので、利用できるプランの詳細も必ずチェックしてください。

[/tl]

[/timeline]

NURO光の確認方法

NURO光は、フレッツ光・auひかりとは異なる回線を使用しています。導入したい方は、以下の方法で調べましょう。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’NURO 光 for マンションの申し込みページへにアクセス’]

>NURO 光 for マンションの申し込みページへ

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’住所を入力してマンション一覧を確認’]

NURO光 for マンションのエリア検索

住所を入力し「お住まいの住所はNURO光forマンションの提供エリアです。」と表示された後に、建物一覧に自分のマンションがあるかチェックしましょう。

マンションを選択し「今すぐお申し込みいただけます」と表示されればNURO光 for マンションの申し込みが可能です。

[/tl]

[/timeline]

フレッツ光 東日本の確認方法

フレッツ光 東日本エリアの、マンション導入状況は以下の方法で確認できます。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’NTT東日本の公式サイトにアクセス’]

>NTT東日本の公式サイトへ

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’郵便番号を入力して「郵便番号から確認」を選択’]

フレッツ光のエリア検索

トップページの「提供エリアの確認はこちら」に郵便番号を入力し「郵便番号から確認」を選択してください。

[/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’住所・番地・建物形態を選択’]

提供状況の確認

住所・番地を選択していきます。建物の形態では「集合住宅」を選択してください。

[/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’自分が住んでいるマンションを選択’]

フレッツ光の提供エリア判定

建物一覧の中から自分が住んでいるマンションを選択すると、設備が導入されているかどうかが分かります。

「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」と表示されれば、マンションタイプが導入されています。

[/tl]

[/timeline]

フレッツ光 西日本の確認方法

フレッツ光 西日本エリアの、マンション導入状況は以下の方法で確認できます。

[timeline]

[tl label=’STEP.1′ title=’NTT西日本の公式サイトにアクセス’]

>NTT西日本の公式サイトへ

[/tl]

[tl label=’STEP.2′ title=’「お住まいのタイプの選択」で「マンション(集合住宅)」を選択’]

エリア検索

[/tl]

[tl label=’STEP.3′ title=’郵便番号を入力’]

 

[/tl]

[tl label=’STEP.4′ title=’住所・建物を選択’]

エリア判定

住所・建物を選択し「この住所で判定します」を押すと結果が出ます。判定結果が「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」であれば設備が導入されています。

[/tl]

[/timeline]

その他のマンション・アパートで光回線が使えるか確認する方法

その他のマンション・アパートで光回線が使えるか確認したい時は、以下の方法を試してみてください。

  • 光コンセントの有無を確認する
  • 不動産会社や大家さんに問い合わせる
  • 賃貸情報の設備状況を確認する

光コンセントの有無を確認する

まずは光コンセントの有無を確認しましょう。光コンセントは、光回線とONU(回線終端装置)を接続するための差し込み口です。

光コンセント

出典:NTT東日本「光コンセントについて

一般的に電源コンセントやテレビのアンテナコンセントなど、他のコンセントとまとめて設置されています。

光コンセントが設置されていれば、工事不要で光回線を利用できる可能性が高いでしょう。物件を内見する際は、光コンセントが設置されているかも合わせて確認してくださいね。

不動産会社や大家さんに問い合わせる

不動産会社や管理会社、大家さんに聞いてみるのもおすすめです。

入居前の場合は主に不動産会社へ問い合わせます。対応しているサービスや工事の要不要などを念入りに聞いておきましょう。

すでに入居している場合は管理会社や大家さんへ問い合わせてみてください。

賃貸情報の設備状況を確認する

賃貸情報からも光回線への対応状況を確認出来ます。

不動産会社のサイトなどで賃貸情報を調べ、「インターネット対応」や「光ファイバー対応」といった表記があれば、光回線が利用可能です。

光ファイバーの表記

ただし、賃貸情報ではどの光回線を利用できるかまでは分かりません。詳細を知りたい場合は不動産会社に問い合わせるのがおすすめです。

【注意】マンション・アパートは配線方式によって速度やプランが変わる

マンション・アパートで光回線を利用する際は配線方式に注意が必要です。通常、マンション・アパートでは電柱から共有スペースに光ファイバーが引き込まれます。

その後、共有スペースから各部屋まで繋げるわけですが、その際に利用するケーブル(回線)によって3つの配線方式に分かれます。

配線方式 ケーブルの種類 最大通信速度
光回線方式 光ファイバー 1Gbps
VDSL方式 電話回線 100Mbps
LAN方式 LANケーブル 1Gbps

この配線方式により、通信速度やプランが変わります。

光回線方式

光回線方式

出典:ソフトバンク

共有スペースから各部屋まで光ファイバーで接続する方式です。光ファイバーだけで接続するため、他の配線方式より通信速度が速いという特徴を持ちます。

マンション・アパートで快適にインターネットを利用したい場合は、光回線方式がもっとも理想です。

最近建てられたマンション・アパートの多くは光回線方式を採用しています。

しかし、古いマンション・アパートの場合は後述するVDSL方式やLAN方式が採用されていることも少なくありません。

VDSL方式

VDSL方式

出典:ソフトバンク

VDSL方式は共有スペースから各部屋まで電話回線で接続する方式です。光ファイバーを利用する光回線方式は最大通信速度が1Gbpsでしたが、VDSL方式は最大100Mbpsの速度しかでません。

しかも電話回線はノイズに弱いため、ノイズの影響でさらに通信速度が落ちることもあります。

既存の電話回線を利用するため、大掛かりな工事をせずに導入できるのがメリットです。

そのため、古いマンション・アパートでは光回線方式の代わりにVDSL方式が導入されているケースがあります。

光回線方式に変更はできる?

配線方式はその建物全体の問題なので、入居者個人で変更することはできません。どうしても変更したい場合は管理会社や大家さんへ相談してみましょう。

ただし、光回線事業者の条件を満たさない場合や、建物の構造によっては光回線方式に変更できないこともあります。

例えば配管が狭くて光ファイバーを通せない場合は、光回線方式へ変更できません。

LAN方式

LAN方式

出典:ソフトバンク

LAN方式は共有スペースから各部屋までLANケーブルで接続する方式です。通信速度は光回線方式と同じ最大1Gbpsなので、VDSL方式より速い速度が出る可能性があります。

ただし、事業者によってはLAN方式だと100Mbpsの速度しかでません。また、1つの光ファイバーを共有することになるため、利用者が多くなると通信速度が遅くなります。

マンション・アパート(導入済み)にお住いの方におすすめの光回線5選

すでに設備が導入済みのマンション・アパートに住んでいる方には以下の光回線がおすすめです。

[box class=”box29″ title=”おすすめ5選”]

  1. ドコモ光
  2. auひかり
  3. ソフトバンク光
  4. NURO光 for マンション
  5. ビッグローブ光

[/box]

全体比較表

ドコモ光 auひかり ソフトバンク光 NURO光 for マンション ビッグローブ光
月額料金 4,400円 3,740~5,500円 4,180円 2,090~2,750円 4,378円
工事費 16,500円 33,000円 26,400円 44,000円 16,500円
契約事務手数料 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円 3,300円
スマホとのセット割 ドコモ au
UQモバイル
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンク au
UQモバイル
最大通信速度 下り/上り:1Gbps 下り/上り:1Gbps 下り/上り:1Gbps 下り:2Gbps
上り:1Gbps
下り/上り:1Gbps
契約期間 2年間 2年間 2年間 3年間
※更新後は2年間
3年間
違約金 4,180円 2,290~2,730円 4,180円 528円 3,360円

ドコモ光



ドコモ光の基本情報
月額料金 4,400円
工事費 16,500円
契約事務手数料 3,300円
スマホとのセット割 ドコモ
最大通信速度 下り/上り:1Gbps
契約期間 2年間
違約金 4,180円

ドコモ光は、NTTドコモの光回線サービスで、フレッツ光の回線を利用する光コラボの1つです。フレッツ回線を利用しているので、全国の広いエリアで利用できます。

ドコモのスマホとセットで利用すると「ドコモ光セット割」が適用され、ドコモの月額料金が最大1,100円割引されます。

ドコモ光(マンションタイプ)の月額料金は他社よりやや高いですが、ドコモ光セット割を利用できるならもっともおすすめです。

\最大35,500円のキャッシュバック/

[card2 id=”1152″]

auひかり



auひかりの基本情報
月額料金 3,740~5,500円
工事費 33,000円
契約事務手数料 3,300円
スマホとのセット割 au、UQモバイル
最大通信速度 下り/上り:1Gbps
契約期間 2年間
違約金 2,290~2,730円

auひかりは、KDDIの光回線サービスです。独自回線を利用しており、光コラボと比べて通信速度が速く安定しています。

最大通信速度はドコモ光やソフトバンク光と同じですが、実測値ではauひかりが優秀です。通信速度を重視するなら、auひかりを検討しましょう。

auひかりのマンションタイプはプランの種類が多く、建物によってどのプランになるか異なります。プランごとに月額料金や最大通信速度が異なるので、事前にしっかり調べてくださいね。

auスマホとセットで利用するとauスマートバリューが適用され、auスマホの月額料金が最大1,100円割引されます。auユーザーにはauひかりがおすすめです。

ただし、全国で使える光コラボと比べると対応エリアが限られています。設備が導入されているか、対応エリアかどうかを必ずチェックしましょう。

\最大6万円以上のキャッシュバック/

[card2 id=”2016″]

ソフトバンク光



ソフトバンク光の基本情報
月額料金 4,180円
工事費 26,400円
契約事務手数料 3,300円
スマホとのセット割 ソフトバンク、ワイモバイル
最大通信速度 下り/上り:1Gbps
契約期間 2年間
違約金 4,180円

ソフトバンク光は、ソフトバンクが提供している光回線サービスでドコモ光と同じ光コラボです。対応エリアはフレッツ光と同じなので、全国各地で利用できます。

ソフトバンクのスマホとセットでおうち割 光セットが適用、ソフトバンクのスマホ代が月額1,100円割引されます。

格安スマホであるワイモバイルとのセットでも、おうち割 光セット(A)が適用されて割引を受けられます。

\37,000円キャッシュバックの窓口/

[card2 id=”2662″]

NURO光 for マンション

NURO光 for マンション
NURO光の基本情報
月額料金 2,090~2,750円
工事費 44,000円
契約事務手数料 3,300円
スマホとのセット割 ソフトバンク
最大通信速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
契約期間 3年間
※更新後は2年間
違約金 528円

NURO光は通信速度を重視したい人に向いています。独自回線を利用しており、最大通信速度が2Gbpsと一般的な光回線(1Gbps)の2倍です。

通信速度が速く、オンラインゲームやテレワークも快適にこなせますよ。マンション・アパート向けのNURO光 for マンションは月額料金の安さも魅力です。

同じ建物の利用者が増えれば増えるほど月額料金が安くなる仕組みで、10人以上なら月額2,090円で利用できます。

利用者の人数 NURO光 for マンションの月額料金
6人以下 2,750円
7人 2,640円
8人 2,530円
9人 2,420円
10人以上 2,090円

しかもソフトバンクのスマホとセットで利用すれば、ソフトバンクのスマホ代が最大1,100円割引されます。

NURO光 for マンションは設備導入済みの建物で利用できます。利用できる人は限られますが、これだけ安くて速度も速いマンション用の光回線は他にありません。

[box class=”box14″]

NURO 光 for マンションの導入条件

 

建物住居戸数が39戸以下の場合、NURO光マンションタイプにお申し込み可能、建物住居戸数が40戸以上の場合、導入希望にエントリーの上、設備導入後お申し込み可能

[/box]

設備導入済みのマンション・アパートに住んでいるなら契約を検討しましょう。

\25,000円キャッシュバック付き/

[card2 id=”1053″]

ビッグローブ光

ビッグローブ光

ビッグローブ光の基本情報
月額料金 4,378円
工事費 16,500円
契約事務手数料 3,300円
スマホとのセット割 au、UQモバイル
最大通信速度 下り/上り:1Gbps
契約期間 3年間
違約金 3,360円

大手プロバイダとして知られるビッグローブの光回線です。KDDIグループの子会社なので、auまたはUQモバイルのスマホとのセット割が利用できます。

項目 au UQモバイル
セット割名 auスマートバリュー 自宅セット割
割引額(月額) 最大1,100円/回線 最大858円/回線
適用可能上限 最大10回線 最大10回線

上記のセット割はauひかりも対象です。しかし、auひかりを利用できるのは設備導入済みのマンション・アパートに限られます。

ビッグローブ光は光コラボなので、全国各地で利用できます。auひかりを利用できない物件に住んでいても、ビッグローブ光なら利用できる可能性が高いでしょう。

\今なら4万円キャッシュバック/

[card2 id=”2507″]

光回線が通っていないマンション・アパートなら別のネット回線を使おう

光回線の設備が導入されていないマンション・アパートに住んでいる場合は光回線以外のインターネット回線を利用しましょう。

以下のインターネット回線は工事不要で利用可能です。光回線設備が導入されていないマンション・アパートに住んでいる場合は検討してください。

代替案

  • ホームルーター
  • ポケット型WiFi

もし光回線を導入できなかった場合は工事不要のインターネット回線で代用しましょう。

代替手段は、ホームルーターとWiMAXが安定度・速度の両面からおすすめです。

ホームルーター

ホームルーターは、据え置き型のルーターをコンセントに挿すだけですぐにインターネットが利用できるサービスです。

工事が一切不要なので、光回線を導入できなかったマンションでも使えます。

後述するWiMAXと同じく無線(電波)を利用する方式ですが、大型アンテナを搭載しており電波強度が強いです。

また、ホームルーターによっては速度制限がないため、光回線のように思う存分インターネットを利用できます。

回線速度・安定性は光回線に及びませんが、大容量ファイルのダウンロードやオンラインゲームといった用途を利用しないなら十分でしょう。

[card2 id=”2148″]

光回線並みに速いドコモhome5Gがおすすめ

ホームルーターの中でもおすすめはドコモのhome 5Gです。

home 5G HR01

ドコモ home 5Gの基本情報
月額料金 4,950円
端末代 39,600円
工事費 無料
契約事務手数料 オンライン:無料
その他:3,300円
スマホとのセット割 ドコモ
最大通信速度 5G:受信時最大4.2Gbps/送信時最大218Mbps
4G:受信時最大1.7Gbps/送信時最大131.3Mbps
データ通信量 無制限
契約期間 なし
違約金 なし

ドコモの5G通信に対応しており、下り最大4.2Gbpsと光回線並みの速度が出ます。4Gエリアでも1.7Gbpsと速いので、5G対応エリア外に住んでいても快適ですよ。

ドコモのスマホとセットで利用すると「home 5G セット割」により、ドコモのスマホ代が1,100円割引されます。ドコモ光の代わりにもピッタリですね。

39,600円の本体代がかかりますが、月々サポートにより月額料金が36ヶ月間1,100円割引されます。3年利用すれば、端末代は実質無料ですよ。

\今ならアマギフ18,000円が貰える/

[card2 id=”628″]

ポケット型WiFi

ポケット型WiFiは電源を入れるだけでインターネットを利用できます。ホームルーター同様、開通工事が必要ありません。

しかもポケット型WiFiはバッテリー駆動なので、自宅はもちろん外出先でもインターネットを利用できます。

[card2 id=”2057″]

料金と速度のバランスがいいWiMAXがおすすめ

ポケット型WiFiを利用するなら料金と速度のバランスが良いWiMAXがおすすめです。

WiMAX

 

WiMAXの基本情報
月額料金※ 4,950円
端末代※ 機種によって異なる
工事費 無料
契約事務手数料※ 3,300円
スマホとのセット割 au、UQモバイル
最大通信速度
※機種によって異なる
下り:最大2.7Gbps
上り:最大183Mbps
データ通信量 無制限
契約期間※ なし
違約金※ なし

※UQ WiMAXの場合。料金や契約期間はプロバイダによって異なる

WiMAXも最大2.7Gbpsという高速通信を無制限に使えます。もっと安いポケット型WiFiもありますが、通信速度の速さを考えるとWiMAXがベストです。

本家UQ WiMAX以外にさまざまなプロバイダがサービスを提供しています。

通信速度はどのプロバイダを選んでも変わらないので、キャッシュバックや月額料金割引といったキャンペーンでプロバイダを選びましょう。

[safe title=”POINT”]2024年6月、最も安くWiMAXを利用できる契約窓口はGMOとくとくBB WiMAX[/safe]

au・UQモバイルのスマホとセットで利用するとセット割も受けられます。auひかりやビッグローブ光の代用としてもおすすめです。

\最安でWiMAXを契約できる/

[card2 id=”672″]

光回線が未導入のマンション・アパートでも戸建てタイプで契約できる可能性がある

マンションタイプ未導入でも、戸建てタイプの光回線を契約できる可能性があります。

戸建てタイプはマンションタイプより月額料金がやや高いですが、光回線を直接引くため通信速度が速く安定するのがメリットです。

もし、マンションで戸建てタイプの光回線を引く場合は、電柱から光ケーブルを取り込む工事を行うことが多いです。

大型のマンションでは厳しいですが、中規模以下のマンションなら引き込める可能性があります。

戸建てタイプを契約する場合は大家さんや管理会社から工事の許可を取る必要があります。許可を取らずに勝手に工事するのは絶対にやめましょう。

まとめ

マンションやアパートで光回線を利用する際は、まずはエリア検索で該当する物件が表示されるかチェックしてください。

マンションタイプの光回線を利用する場合は、マンションに設備が導入されている必要があります。事前に各光回線の公式サイトから導入状況をチェックしてください。

それ以外の方法としては光コンセントの有無を確認したり、不動産会社や大家さんに確認したりするのも有効です。

設備が導入済みなら、光回線のマンションタイプを申し込めます。既に光コンセントが設置済みなら、工事不要ですぐにインターネットの利用が可能ですよ。

マンション・アパートで使える光回線はたくさんありますが、迷ったときは以下の5つから選べば間違いありません。

[box class=”box29″ title=”おすすめ5選”]

  1. ドコモ光
  2. auひかり
  3. ソフトバンク光
  4. NURO光 for マンション
  5. ビッグローブ光

[/box]

光回線の設備が導入されていない場合は工事不要のネット回線を利用するか、戸建てタイプの回線を契約する必要があります。

ただし、戸建てタイプの光回線を利用する場合は工事が必要なため、ハードルが高めです。ホームルーターやポケット型WiFiなど、工事不要のインターネット回線も検討しましょう。

どちらも工事不要で、電源を入れるだけですぐに使えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次